grunge(グランジ)サドル・シートポストを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

grunge(グランジ)サドル・シートポストの詳細なカテゴリ

grunge(グランジ) サドル・シートポストの特徴・選び方

grunge(グランジ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、テスタッチブランドのTOYO製フレームや、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。その数あるオリジナルブランドの一つgrunge(グランジ)。膨大なアイテムがそろっています。

grunge(グランジ)選び方

選び方

非常に合理的な発想のISP(インテグラルシートポスト)。ある程度、経験のあるライダーなら、ポジションもほぼ決まっていて、サドルの高さを大きく稼動させることも無いという発想でISPのような、無駄を省いたシートポストが誕生しました。そのISP用のシートピラーがgrunge (グランジ) Exceed Pillar Top (エクシードピラートップ)です。軽量ながら、シートを確実に固定します。grunge (グランジ) Turbine Saddle (タービンサドル)は、ビビットなカラーがインパクトを与え、レーシー過ぎない外観が、アーバンバイクによく似合います。厚みのあるフォームを採用しているので、普段着でのライドも快適です。