grunge(グランジ)マウンテンバイク用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

grunge(グランジ)マウンテンバイク用の詳細なカテゴリ

grunge(グランジ) マウンテンバイク用の特徴・選び方

grunge(グランジ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、テスタッチブランドのTOYO製フレームや、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。その数あるオリジナルブランドの一つgrunge(グランジ)。MTBパーツを中心に、ロードやトラックパーツまで展開されています。クールなロゴが、パーツを引き締めてくれます。

grunge(グランジ)選び方

選び方

シングルスピードの魅力は、何と言ってもシンプルであることです。シングルスピードには、変速機やそれに伴うワイヤー類が無いために、かなりすっきりとした外観になります。倉庫に眠っている古いマウンテンバイクを、シングルスピード化して、新たなバイクとして、くみ上げてはいかがでしょうか。grunge (グランジ) Tensioner 1 (テンショナー1)【ロード用コンポーネント】【チェーン周辺部品】が、あれば改造が簡単です。クイックシャフトとディレーラー台座を利用して、固定するだけです。さらに固定ギアにすれば、ペダリングをきれいにする養成バイクとしても、活躍できるでしょう。