grunge(グランジ)コンポーネント・パーツを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

grunge(グランジ)コンポーネント・パーツの詳細なカテゴリ

grunge(グランジ) コンポーネント・パーツの特徴・選び方

grunge(グランジ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、テスタッチブランドのTOYO製フレームや、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。その数あるオリジナルブランドの一つgrunge(グランジ)。個性あるパーツが多く、リーズナブルなのも魅力の一つです。

grunge(グランジ)選び方

選び方

必要最低限のパーツで構成されるシングルスピードマウンテンバイクは、アーバンライドにとてもよくマッチします。メカ部分が少ないのでトラブルも少なく、クッション性の高いマウンテンバイクタイヤで、歩道の段差なども気になりません。そんな快適なバイクの為のハブがgrunge (グランジ) 135 Single Hub F/R (135 シングルハブF/R)【MTB用コンポーネント】【ハブ】です。エンド幅135仍斗佑如▲妊スクローターを取り付けられるので、シングルスピードマウンテンバイクにもってこいなのです。シングルスピードへ改造する場合はgrunge (グランジ) Tensioner 1 (テンショナー1)【ロード用コンポーネント】【チェーン周辺部品】を使用すると、簡単です。カラーは、ブラックとシルバーが用意されています。お持ちのバイクとコーディネートが出来ます。