grunge(グランジ)アクセサリを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

grunge(グランジ)アクセサリの詳細なカテゴリ

grunge(グランジ) アクセサリの特徴・選び方

grunge(グランジ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、テスタッチブランドのTOYO製フレームや、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。その数あるオリジナルブランドの一つgrunge(グランジ)。ハンドルステムから、サドルバックまで、膨大なアイテムがそろっています。

grunge(グランジ)選び方

選び方

見た目以上に、荷物が入るgrunge B-Wever (グランジ ビーウェバー) Drum Saddle Bag (ドラムサドルバック)【サドルバッグ】【ラージサイズ】。ちょっとしたツーリングならこれ一つで、事足りてしまうかもしれません。VIVA「バックサポーター」にぴったりと合う設計になっています。取り外し可能な、ショルダーベルトが付いているので、そのまま買い物や、宿に持っていける事を想定しています。なんでも入れられるボトル型ケースに、大きめ1リッターサイズの便利なgrunge (グランジ) MOTTEKO 1000 (モッテコ1000) モッテコセンが、おすすめです。これなら、チューブと工具をいれてもまだ余裕があるので、重宝するでしょう。