GRAPHITE DESIGN(グラファイトデザイン)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

GRAPHITE DESIGN(グラファイトデザイン)の取扱いカテゴリ(自転車)

GRAPHITE DESIGN(グラファイトデザイン)について

1989年の創業以来、一貫して高品質なカーボンゴルフシャフトの製造販売に取り組んでいる、GRAPHITE DESIGN(グラファイトデザイン)。ゴルフシャフト開発で培った高度なカーボン積層設計技術を活かし、サイクル分野に参入しました。現在、カーボンサイクルフレームは高剛性を追及した外国製品が主流となっていますが、メイドインジャパンのこだわりを提案してくれるブランドのひとつとして認知されています。

GRAPHITE DESIGN(グラファイトデザイン)の歴史

1989年 株式会社グラファイトデザイン設立。
2007年 サイクルプロジェクト発足。
2009年 サイクルスポーツチーム用に機材供給。ロードレースで賞を獲得。
翌年以降、フレーム・ハンドル・ステム・シートポスト等を一般向けに展開。

特徴

GRAPHITE DESIGNは、「自転車のフレームは、人間が操る道具である」という原点にまで戻って見つめなおし、人間の感性に合ったフレームを開発しています。ゴルフ用のカーボンシャフトを長年製造し続けてきたノウハウを生かし、過度な剛性よりも「しなり」が自転車のフレームにも必要であると考え、他に類を見ない最高級のカーボンファイバー素材を惜しみなくつぎ込み、研究開発を行っています。「しなるフレーム」ならではの反応のよい踏み心地、伸びる乗り味に自信を持っています。