GIOS(ジオス)ミディアムサイズを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GIOS(ジオス) ミディアムサイズの特徴・選び方

GIOS(ジオス)特徴

特徴

GIOS(ジオス)はイタリア生まれの自転車メーカーで、1948年に設立されました。本拠地はトリノにあります。創業者はトルミーノ・ジオスで、ベルリンオリンピック代表に選ばれるほどのロードレーサーでした。そのせいでGIOS(ジオス)のエンブレムにはオリンピックの五輪があしらわれています。「ジオスブルー」という色がペンキ屋さんでも売られほど、GIOS(ジオス)といえば青、というイメージが定着しています。

GIOS(ジオス)選び方

選び方

GIOS(ジオス)といえばバイク本体とフレームというイメージがありますが、自転車アクセサリもたくさん、そろっています。サドルバッグはタイヤレバーが二本付属しており、鮮やかなジオスブルーが存在感をアピールします。ワンタッチで着脱できるローラーシステムを採用しており、とても便利です。サイズは125×70×60となっており、小物を入れておくには十分の容量でしょう。