GIOS(ジオス)ノーマルボトルを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GIOS(ジオス) ノーマルボトルの特徴・選び方

GIOS(ジオス)特徴

特徴

GIOS(ジオス)はイタリア生まれの自転車メーカーで、1948年に設立されました。本拠地はトリノにあります。創業者はトルミーノ・ジオスで、ベルリンオリンピック代表に選ばれるほどのロードレーサーでした。そのせいでGIOS(ジオス)のエンブレムにはオリンピックの五輪があしらわれています。「ジオスブルー」という色がペンキ屋さんでも売られほど、GIOS(ジオス)といえば青、というイメージが定着しています。

GIOS(ジオス)選び方

選び方

GIOS(ジオス)といえばバイク本体とフレームというイメージがありますが、ボトルやケージなどのアクセサリもたくさん、そろっています。500mlの容量のノーマルボトルは径行が大きく、氷などを入れやすい造りになっていますので、大変便利です。白地にGIOSのロゴとシンボルの入ったシンプルなデザインのボトルとなっています。