GIOS(ジオス)ロードレーサーを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

GIOS(ジオス)ロードレーサーの詳細なカテゴリ

GIOS(ジオス) ロードレーサーの特徴・選び方

GIOS(ジオス)特徴

特徴

GIOS(ジオス)は、イタリアのトリノで1948年創業の名門ロードレーサーブランドです。イタリア全国で定着しているGIOS_BLUE(ジオスブルー)と呼ばれる鮮やかな青が特徴です。創業者トルミーノ・ジオスがベルリン五輪代表として疾走して以来の伝統を受け継ぐのがロードレーサーです。完成車のクロモリフレームはデザイン美だけでなくクオリティの高さが窺い知れます。GIOS(ジオス)のロードレーサーには、アルミフレームを中心にクロモリフレーム、アルミフレームまで20を超えるラインナップを揃えています。

GIOS(ジオス)選び方

選び方

AL LITE(アルライト)の伝統を受け継ぐアルミフレームのGIOS(ジオス)SIERA(シエラ)は、リーズナブルな価格で充実した装備を手に入れることの出来る、GIOS(ジオス)ロードレーサーの中の入門機です。カーボンフレームではGIOS(ジオス)TORNADO(トルナード)、クロモリフレームではGIOS(ジオス)FELLEO 105(フェレオ105)など、20モデルを超える品揃えがあります。サイズは各々3段階から5段階の範囲で選ぶことができますが、GIOS_BLUE(ジオスブルー)にこだわりたい場合は、一部のモデルではこの色が無いので要注意です。