LOUIS GARNEAU(ルイガノ)マウンテンバイク(MTB)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)マウンテンバイク(MTB)の詳細なカテゴリ

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) マウンテンバイク(MTB)の特徴・選び方

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)特徴

特徴

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)では、オンロード・オフロード問わずに走れるようなモデルを展開しています。また、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)らしくシンプルなデザインでありながらスタイリッシュであり、生活の一部に取り入れられるようなモデルが多いです。ロードやクロスバイクよりも重量が重めになってしまいますが、その分頑丈であり、毎日の通勤や通学といった使い道にも適しています。最近では26インチホイールだけでなく、27.5インチや29インチといった大きいホイールのモデルも増え、走破性に優れています。GARNEAU(ガノー)ではよりスポーティーなモデルをラインナップしており、全体的にオールラウンドに使えるMTBモデルが多いのが特徴です。特に、クロスカントリーや登山道などでのトレイルに適したモデルが多いのが特徴です。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)選び方

選び方

MTBというカテゴリーですが、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)にあるモデルはトレイルやシングルトラックを得意としたモデルという訳ではなく、河川敷や砂利道などのちょっとした未舗装を走るような用途に向いています。また、太いタイヤをアッセンブルし、フロントサスペンションを搭載したモデルも多いのですが、その分パンクリスクも減り、路面の衝撃を和らげるため快適性が増します。そのため、普段の生活の足としての機能も高くおすすめです。一方、GARNEAU(ガノー)ではオフロード走行をメインとした使い道を想定しているので、すべてのモデルにディスクブレーキが搭載され頑丈なモデルをラインナップしていると言えます。また、他のメーカーにはあまり見られないチタンバイクをラインナップしており、チタンバイクを探しているライダーにはおすすめです。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-XC BART PRO

LGS-XC BART PRO

27.5インチのホイールに対応したフレーム設計を行うことで、従来の26インチモデルよりも走破性にすぐれ、より乗りやすいフレームになりました。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-FIVE 29

LGS-FIVE 29

最近主流になりつつある29インチホイールを採用した、いわゆるツーナイナーモデルです。ホイール径が大きくなることで、ちょっとした段差など気にせず走ることができます。これは、非整地での走行だけでなく、段差の多い市街地でも有効です。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-CASPER

LGS-CASPER

エントリーモデルですが、フロントサスを装備したカラーバリエーションの多いモデルです。モデルによって、ディスクブレーキモデル・Vブレーキモデルがラインナップされています。