FLINGER(フリンガー)簡易タイプを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FLINGER(フリンガー) 簡易タイプの特徴・選び方

FLINGER(フリンガー)特徴

特徴

flinger(フリンガー)は、独創的なアイデアによる自転車用フェンダーやマットガード、チェーンホイールなど、常にユーザビリティに沿った製品作りを行い、リリースしています。通常の走行に必要のないフェンダーなどは一般的に取り付けていないケースがあります。でも急な雨の場合などは、タイヤで跳ね上げた水しぶきや泥がバイクにまとわりつきます。レインコートなどで上半身は、防げるかもしれませんが、サドル下から跳ね上げる泥などでお尻がびしょびしょにもなりかねません。そこで活躍するのが、フェンダー泥除けです。予報が怪しいときに手軽に取付ができるflingerのMTB用フェンダー泥除け簡易タイプは、工具が不要でワンタッチで装着ができるタイプなど、かんたんに利用できます。ほとんどのシートポストに取付けが可能となっています。また、折りたたんでバッグなどへ収納できる、コンパクトな折りたたみリアフェンダーもあります。普段は畳むことができ、専用の収納ポーチに入れ、移動ができます。本体の角度調整も工具が不要なので、雨が降り始めたときでも素早い調整ができます。

FLINGER(フリンガー)選び方

選び方

flingerのMTB用フェンダー泥除け簡易タイプは、簡易タイプは急な雨の場合にとても活躍してくれます。前後そろいのフェンダーモデルも用意されているので、そちらがオススメです。