EASTON(イーストン)フォークを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

EASTON(イーストン)フォークの詳細なカテゴリ

EASTON(イーストン) フォークの特徴・選び方

EASTON(イーストン)特徴

特徴

1922年創業という長い歴史を持つEASTON (イーストン)。自転車パーツを多くラインナップしているので、自転車パーツ専門ブランドというイメージですが、もともとはアルミ製のアーチェリーシャフトを製造するアルミ加工が得意なメーカー。アルミバイクが全盛の時代には、EASTON (イーストン)の管材を使ったバイクフレームが多く見られました。時代とともに素材はカーボンへシフトしましたが、EASTON (イーストン)の物作りへのこだわりは、製品が証明してくれます。

EASTON(イーストン)選び方

選び方

ほぼロードバイクと同じフレーム、MTBとは全く違うタイヤ空気量の少なさでオフロードを走るシクロクロス。フレーム、フォークのショック吸収性能と剛性のバランスは非常に重要です。EASTON (イーストン) EC90 X Fork (EC90 Xフォーク) 1-1/8”【フロントフォーク】【シクロクロス用フロントフォーク】は、コラムまでカーボンでありながら、剛性を確保しています。ベルギーのトップクラスのシリーズ選やワールドカップでも、使用され性能は実証済みです。EASTON (イーストン) EC70 X Fork (EC70 Xフォーク) 1-1/8”【フロントフォーク】【シクロクロス用フロントフォーク】は、アルミコラムを採用した強度重視のモデル。複数台持ち込むことが当たり前のシクロクロスレースにとっては、うれしい価格設定となっています。