DURO(デューロ)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

DURO(デューロ)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

DURO(デューロ) タイヤ・チューブの特徴・選び方

DURO(デューロ)特徴

特徴

1945年に、台湾で設立されたDURO(デューロ)は、タイヤを作り続けて65年以上の老舗です。タイヤ作りには、多くのノウハウが必要で、新規参入が難しい業界と言われています。そのような中、DURO(デューロ)は地道にデータを採り続け、すばらしいタイヤを生産しています。クルマやオートバイ、もちろん自転車タイヤでも、信頼のおける品質が確保されています。カラータイヤも、豊富にラインナップしていて、バイクのイメージが変わります。

DURO(デューロ)選び方

選び方

自転車パーツの輸入販売を行う、リンエイのオリジナルブランド「FF-R」とコラボレーションしたモデルのDURO(デューロ) DB-7043 STINGER ストレンジャー 700×28C FF-Rコラボモデル 【700×25c〜】 【街乗り・ロングライド用】。なんと10色もカラー展開されていて、必ず欲しい色のタイヤが見つかるでしょう。サイズは700C×28Cで、週末にサイクリングするクロスバイクに取り付けるのがベストでしょう。街乗りマウンテンバイクにオススメなのが、DURO(デューロ) HF-822 DIAMOND GRIP ダイアモンドグリップ 26×1.95 H/E FF-Rコラボモデル 【26インチ】 【XC用クリンチャー】。バイクのイメージをガラリと変えることが出来ます。