SHIMANO DURA-ACE(シマノ デュラエース)ワイヤー用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO DURA-ACE(シマノ デュラエース) ワイヤー用の特徴・選び方

SHIMANO DURA-ACE(シマノ デュラエース)特徴

特徴

SHIMANO(シマノ)の躍進とロードバイク界における技術革新の歴史を刻み続ける最高峰ロードバイクコンポーネントDURA-ACE(デュラエース)。DURA-ACE(デュラエース)シフトレバーは、制動と変速機構が一つのレバーに共存するデュアルコントロールレバーとは異なり、ブレーキレバーの定位置であるドロップハンドル上部と異なる場所に取り付けて変速のみを行えるように設計されている。

SHIMANO DURA-ACE(シマノ デュラエース)選び方

選び方

DURA-ACE(デュラエース)シフトレバーは変速段数、取付位置、付属の台座により区別される。SL-7900はリア10速に対応したダウンチューブ取付型のいわゆるWレバーであり、アルミフレームへの取付を予定する場合は品番の「ISL7900」の後にFALHと続く製品の方をご検討ください。SL-BSR1は、リア11速に対応したドロップハンドル下部末尾への取付けを前提とするいわゆるバーエンドシフターである。