Dixna(ディズナ)ドロップハンドルバーを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Dixna(ディズナ)ドロップハンドルバーの詳細なカテゴリ

Dixna(ディズナ) ドロップハンドルバーの特徴・選び方

Dixna(ディズナ)特徴

特徴

Dixna(ディズナ)は1999年誕生で、ROAD系のパーツを多く展開するコストパフォーマンスの高いブランドで、トップ選手のレースで使用されていながらも、初めてロードバイクに乗る女性でも満足できる製品群を揃えています。豊富なステムや日本人の体格にあわせたシートポスト・サドル・クランク・ブレーキレバー等を展開し、アイデアの詰まった各種アクセサリとカラー展開で多くのライダーから選ばれています。Dixna(ディズナ)のドロップハンドルバーは、センター径が31.8mmのものと26.0mmのものをラインナップしています。日本人にあったポジション設定にこだわった初代ジェイフィットを継承するモデルを軸に、幅広いサイズ展開と、手の小さな方でも握りやすい工夫が施されており、高い操作性を実現しています。