Dixna(ディズナ)ハンドル・ステム・ヘッドを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Dixna(ディズナ)ハンドル・ステム・ヘッドの詳細なカテゴリ

Dixna(ディズナ) ハンドル・ステム・ヘッドの特徴・選び方

Dixna(ディズナ)特徴

特徴

日本人向けを強く意識したオリジナル製品を、積極的にプロデュースする自転車関連の卸売業者、東京サンエス。看板商品と言ってもいい、TOYO製フレームのテスタッチブランドや、MTB系パーツを中心としたgrunge(グランジ)に対し、日本人の体型に合わせて設計された、QファクターのクランクをリリースするDixna(ディズナ)など、アイディア満載の商品がラインナップされています。シクロクロス全日本チャンピオンを長年サポートし、最高の環境でパーツの実証テストが行われたパーツが、されています。

Dixna(ディズナ)選び方

選び方

Dixna (ディズナ) Bandy Handle (バンディーハンドル) 31.8mm【ロード用ステアリング周辺パーツ】【ドロップハンドルバー】は、個性溢れる形状のドロップハンドルです。ドロップハンドルでいう、「下ハン」と呼ばれる部分が横にせり出し、手首が自然な角度になるよう設計されています。ショートリーチでもあるので、ハンドルのどの部分を持っても、大きな変化が無く、非常に使いやすくなっています。せり出しているドロップ部を持つと、幅の広い部分でハンドルを握ることになるので、オフロードをハイスピードで走る、シクロクロスにも向いているでしょう。