DIA-COMPE(ダイアコンペ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

DIA-COMPE(ダイアコンペ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

DIA-COMPE(ダイアコンペ)について

昭和初期にリムブレーキメーカーとしてスタートしたヨシガイ。そのヨシガイがプロデュースするブランドがDIA-COMPEです。戦後“DIA”ブレーキを初めての自社ブランドとしキャリパーブレーキを開発。その後、独自技術でアルミ製ブレーキ“LUCKY DIA”を発表。日本初の冷間鍛造ブレーキは1963年にスイス“WEINMANN”社との技術提携を基に“DIA-WEINMANN”として生まれました。1965年には自社開発による新たな鍛造技術を用い純国産の“DIA-COMPE”キャリパーブレーキが誕生しました。生産拠点を日本、米国、台湾、中国と時代の流れに合わせ移し、DIA-COMPEのトレードマークに恥じない製品作りに努めています。

DIA-COMPE(ダイアコンペ)の歴史

1930年 大阪市天王寺区において自転車用リムブレーキの製造販売を開始。
1949年 「吉貝機械金属株式会社」へ組織変更 
1963年 スイス、ワイマン社と業務・技術提携を結び、アルミ合金製キャリパーブレーキの製造販売を開始。
1975年 米国・ノースキャロライナに“DIA-COMPE USA, INC.”を 設立。
1986年 台湾・台中に“DIA-COMPE TAIWAN CO., LTD.” 「太雅康培股有限公司」を設立 」。
1996年 会社組織変更「株式会社 ヨシガイ」へ商号変更。
米国・シアトルに“DIATECH USA, INC.”を設立。
2001年 中国昆山に“KUNSHAN DIA-COMPE CO., LTD.” 「昆山吉貝機械有限公司」を設立 」。
2005年 本店営業所を大阪府門真市へ移転。
2009年 創業60周年を迎える。
2010年 ENE CICLOブランド発表。

特徴

主にブレーキ関係のパーツを展開しています。キャリパーブレーキだけでなく、カンチブレーキやセンタープルブレーキも豊富に揃っています。アウター受けやブレーキシューなどのアクセサリ類も豊富で、一部モデルではカラー展開などもあり自転車に合わせてコーディネートすることができます。また、ピストバイクやBMX、ツーリングバイクに関するパーツにも力を入れており、各パーツの小物類も充実しています。ブレーキ専業メーカーとして、ライダーの安全と信頼を第一に製品開発を行っています。