SHIMANO DEORE LX(シマノ ディオーレ LX)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO DEORE LX(シマノ ディオーレ LX)について

長らくDEORE XTの弟分として活躍してきたDEORE LX。クロスカントリーやトレッキングバイクをはじめ、様々なMTBにマッチするコンポーネントとして広く普及してきましたが、2009年モデルより、クロスバイク用のコンポーネントとして生まれ変わりました。軽快な操作性と優れた性能で、クロスバイクの上級コンポーネントとしての地位を築き、街を離れた週末ツーリングやヒルクライムなどのタフなコースでも心地良い走りをサポートします。

SHIMANO DEORE LX(シマノ ディオーレ LX)の歴史

2009年 これまでのMTBコンポーネントからクロスバイクコンポーネントへフルモデルチェンジ(T660番台)。
2013年 モデルチェンジ(T670番台)

特徴

クロスバイク用にフォーカスされた新DEORE LXは、3つのキーワードに特徴づけられます。快適に走るための「スムーズ」、日常の使用に耐えるための「タフ」、軽量・コンパクトを意味する「ライドライト」。優しく安心感の漂うストリームデザインでありながら、シマノの先進技術をベースとした高い信頼性と新しい“ライドライト”フィーリングを実現します。性能、デザインはもちろん耐久性にもこだわった、クロスバイクの上級コンポーネントとなっています。