CST(チェンシンタイヤ)700×〜21cを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CST(チェンシンタイヤ) 700×〜21cの特徴・選び方

CST(チェンシンタイヤ)特徴

特徴

CST(チェンシン)は、 世界でも有数の台湾の自転車タイヤ製造メーカーです。一般車用のCSTやスポー車用のマキシスブランド等の自社ブランドはもちろん、国内のブリジストンやパナレーサーの自転車へもOEM供給(相手方ブランド)で提供しているほど、信頼性の高いブランドです。豊富な種類のタイヤからは、レース使用にも耐えるほどクオリティの高い優れた製品を開発・提供し、多くのユーザーの支持を得ています。CSTのレース用クリンチャータイヤ700×〜21cタイプは、タイヤの軽量化と正確なビード周を実現する、軽くて強靭で伸びないケブラービードを採用したロード用タイヤです。グレー、レッド、ブルーの3色のカラーコーディネートが楽しめるようになっています。