CST(チェンシンタイヤ)タイヤ・チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

CST(チェンシンタイヤ)タイヤ・チューブの詳細なカテゴリ

CST(チェンシンタイヤ) タイヤ・チューブの特徴・選び方

CST(チェンシンタイヤ)特徴

特徴

CST チェンシンタイヤは、世界トップクラスのタイヤメーカーです。様々なメーカーのOEM生産を行っており、高い品質が証明されています。国内メーカーではブリジストンやパナレーサーのタイヤも、チェンシン社で作られているものが多いです。自転車だけでなく、農耕車、バス、トラックと多種多様です。そのチェンシンタイヤのオリジナルブランドが「CST」なのです。多くのノウハウを持つ、トップ企業のタイヤで、安心してサイクリングを楽しみましょう。

CST(チェンシンタイヤ)選び方

選び方

マウンテンバイクのクロスカントリータイヤに使用されるコンパウンドを使用した、CST (シーエスティー) TRANSFORMERS (トランスフォーマーズ 20×1.50) C1288【ミニベロ/BMX用タイヤ】【オンロード】。耐久性と、高いグリップを両立した、高次元のタイヤをミニベロへ、装着できます。CST (シーエスティー) LIGHT TUBE (ライトチューブ) 700×18/25C FV(48mm)【仏式(フレンチ)ロングバルブ】【700c用チューブ】は、厚みが0.8个侶變魅船紂璽屬任后トレーニングからレースまで、幅広く使用できます。48个離丱襯屬鮖藩僂靴討い襪里如▲札潺妊ープリムにも対応できます。