crankbrothers(クランクブラザーズ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

crankbrothers(クランクブラザーズ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

crankbrothers(クランクブラザーズ)について

ダイビング用品の開発をしていたカール・ウィンフォードナーとフランク・ハーマンセンが、サイドビジネスとしてバイクパーツのデザインを始めて生まれたブランドがcrankbrothers(クランクブラザーズ)。
クランクブラザーズというブランド名は、カールとフランクが親友でありとても良いデザインパートナーであったことから(Carl+Frank=Crank) 生まれました。
すべてゼロから考えはじめる彼らの独創的で柔軟なアイデアで作られるオリジナルなスタイルが人気のcrankbrothers。

crankbrothers(クランクブラザーズ)の歴史

1996年 創業。素早くタイヤを外すことができるスピードレバーを発売開始。
2000年 エッグビーターのプロトタイプを開発。
2001年 革新的なビンディングペダル、エッグビーター発売。
2009年 ツインペアスポークホイールを発売。
2010年 夢のバイクを完成させるためのドリームバイクプロジェクトを開始。

特徴

crankbrothersは、MTBペダルに関して、シューズとクランクをいかにしてシンプルにつなぐか、ということからスタートしました。シンプルでかつ軽量、どこからでも踏めてキャッチしやすい、しかも泥詰まりしない、エッグビーターが誕生しました。画期的なMTBペダルが出現したとたん、世界中のバイクライダーが絶賛しビッグヒットになったのです。
crankbrothersは、機能性だけでなく、美しい製品づくりにも定評があります。サイクリングとデザインに対する彼らの情熱がこれまでの常識を覆すプロダクトを生み出してきました。競技志向の強くないホビーライダーからも熱い支持があることで有名です。