corratec(コラテック)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

corratec(コラテック)について

corratec(コラテック)は1990年にドイツで生まれたブランド。世界初のセミスリックタイヤ「DIAMNT SLICK」、生物測定学に基づくマウンテンバイクの「SUPER BOW」、世界的に有名なフレームビルダーのマルロ・サニーノによる匠の情熱が詰め込まれたカスタムカーボンフレームを開発し、数々のレースで勝利をおさめてきました。ドイツで生まれた信頼の技術と独創的なデザインが支持されています。

corratec(コラテック)の歴史

1982年 ドイツ南部に会社設立。カーボン素材のコンポーネントを開発。
1990年 コラテックブランドバイクの生産開始。
90年代以降、多くのワールドチャンピオンを輩出。

特徴

corratecの製品展開は、本格レース仕様のロードバイクとMTB、お求めやすい価格のカジュアルなクロスバイクがメインとなっています。ロードバイク、MTBを中心に、同じフレームでもコンポーネントの違いにより完成車を豊富に展開しています。Di2搭載モデルが豊富なことからも純競技用のマシンを多数展開していることがわかります。