COMMENCAL(コメンサル)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENCAL(コメンサル)について

DH界で一世を風靡したSunnの設計者、マックスコメンサルが2000年に創業した自転車ブランド。マックス・コメンサルはモーターサイクルの設計者であったが、子供用に制作したBMXから自転車にのめりこみ、現在では多くのレースシーンでチャンピオンを輩出するブランドに成長した。ダートジャンプやダウンヒルなど、強度と操作性を得意とするブランド、COMMENCAL(コメンサル)。抜群のハンドリングで曲がることの楽しさを教えてくれるジオメトリーはダート走りたいと思う全てのライダーにオススメです。

COMMENCAL(コメンサル)の歴史

2000年 創業者のマックスコメンサルが、自らの理想的なバイクを作るために、フランス南境に接するピレネー山脈の中にあるアンドラ公国にて、コメンサル社を設立。
2013年 ワールドカップ史上、最も険しいコースの一つと言われた地元アンドラ公国ヴァルノードでおこなわれたMTB DHワールドカップでレミ・シリオンが優勝。

特徴

多くのジャンルをカバーする豊富なMTB展開と、タウンユースに最適なモデル、キッズ向けの本格的なバイクを展開しています。アグレッシブなライディング向きの車種を多く展開し、ハードなライディングシーンにおいても、快適で力強い乗り心地を実現しています。また、もう一つの特徴は、コメンサルならではのビビッドなカラーリングです。イエローやピンク等の活き活きとしたカラーリングは、若者のみならず、幅広い世代に人気があります。