Clement(クレメン)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Clement(クレメン)について

CLEMENT(クレメン)はガスターブ・アドルフ・クレメン- バイアード(フランスの食料雑貨商の息子)によって創立されました。1888年よりタイヤの製造を開始し、世界的に有名なトップライダーから愛用される名品タイヤを数多くリリースしてきました。そして彼は1912年にフランスの勲章を受賞しました。独自の絹を利用した技術により、多くの記録・優勝実績・チャンピオンを生み出した伝説的なブランドとして認知されています。

Clement(クレメン)の歴史

1878年 フランスで高品質自転車の製造開始。
1888年 タイヤの製造を開始。後に飛行機、自動車オートバイなども製造する。
1910年代後半 ブランドがイタリアへ移行する。
それから何十年もの間、世界のトップクラスのレーシングシーンで数多くの勝利を獲得するタイヤブランドとして広く知られる。
1980年代以降 製造をタイへと移したり、ブランドライセンスを他社に渡すことになるなど、事実上のブランド低迷期をむかえるが、愛好家からの強い熱望でまた注目を浴びつつある。

特徴

往年の自転車レースでは伝説的なタイヤメーカーとして君臨したCLEMENT(クレメン)。ある程度年配の自転車レースファンの方にはお馴染みのブランドです。現在は、シクロクロス用のタイヤのラインナップが主力となっており、トップライダーも使用しています。質の高いロードバイク用チューブラータイヤや、クロスカントリー向けのMTBタイヤもラインナップしています。