SHIMANO Capreo(シマノカプレオ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO Capreo(シマノカプレオ)について

SHIMANO Capreoは、小径車用にデザインされたコンポーネントで、舗装路での快適なライディングに最適です。ミニベロ・フォールディングバイクの外観を邪魔しないコンパクトでスタイリッシュなデザインは、発売直後からファンの心を躍らせる存在でした。それまでチェーンリングを大きくすることで対応してきたミニベロファンに、専用設計の快適性をもたらしています。

SHIMANO Capreo(シマノカプレオ)の歴史

2002年 小径車用コンポーネントとして誕生(F700番台)。
2011年 モデルチェンジ(F800番台)。

特徴

Capreoは、オンロードを走行する小径車専用設計コンポーネントで、フロントシングルでリア9段変速です。最大の特徴は、トップギア9Tのカセットスプロケットです。これによりチェーンリングの巨大化を抑えています。他には、ミニベロに最適なショートサイズのカートリッジシュー、スポーク穴数の少ないハブ、チェーン落ちを防ぐダブルチェーンガード付きクランクなどがあります。