CAMELBAK(キャメルバック)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

CAMELBAK(キャメルバック)の取扱いカテゴリ(パーツ)

CAMELBAK(キャメルバック)について

1988年、焦げるような暑さがおおう真夏のテキサス州でCAMELBAK(キャメルバック)は生まれました。
自転車レースの初心者だったMichaelEidsonは150kmの過酷なレース中に何度もボトルを落としたり、ハンドル操作を誤ったりして危険な目に遭いました。
後にCAMELBAK創業者となる彼は輸血用バッグと手術用チューブと靴下を組み合わせてTシャツの背中に縫い付けたのです。
このプロトタイプをもとに、代表作のハイドレーション・ボトルなど、自転車レースには欠かせない商品が次々に生まれてきたのです。

CAMELBAK(キャメルバック)の歴史

1988年 Michael Eidsonがハイドレーションシステムの原型を作る。
1989年 CAMELBAK社設立。
1995年 世界初のハイドレーションバックパックの『M.U.L.E.』を発売。
1999年 アメリカ軍で使用されるミリタリーモデルを開発。
2001年 抗菌、防臭、使いやすさ、耐久性、全てが高水準のオメガリザーバーを発売。
2007年 飲みやすく漏れない自転車用ボトルPODIUMを発売。
2009年 着るハイドレーションシステムRACEBAKを開発。
2010年 ライダーの動きを妨げない低重心のランバーリザーバーを開発。

世界をリードするハイドレーション・システム

ハイドレーションバッグのバックパネルテクノロジーは多岐にわたります。様々な形状・素材を駆使し、快適なライディングをサポートします。
プロ選手から軍隊までが実際に使用する最高のリザーバータンク。それらを安定感のある方法で格納する技術も優れています。激しいライディング時でも荷重を工夫し、安定した走行が可能になっています。