Calamita(カラミータ)ロードバイク・ロードレーサーを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Calamita(カラミータ)ロードバイクの詳細なカテゴリ

Calamita(カラミータ) ロードバイクの特徴・選び方

Calamita(カラミータ)特徴

特徴

カーボンフレーム全盛の現在のロードバイク市場において、クロモリのロードバイクは非常に種類が少なくなってきました。しかしながら、未だにクロモリを愛するユーザーは絶えません。クロモリのロードバイクには、人を引き寄せる不思議な魅力があると言えます。重量や剛性の面では、どうしても最先端のカーボンバイクに勝てませんが、クロモリ・ホリゾンタルのシンプルなシルエットや、きれいなラグ溶接、柔らかい乗り心地など、クロモリにしか無い良さがたくさんあります。そんなクロモリの良さを、多くの人に広げようと作られたメーカーがCalamitaです。また、ハンドメイドされた丁寧な作りが売りのフレームですが、価格も抑えられており自転車を始める際の1台目としても最適です。

Calamita(カラミータ)選び方

選び方

ハンドメイドされたクロモリバイクですが、カラーリングの種類も多く好きな色のフレームを選ぶことができます。また、モデル全体的において、パイプ間の溶接にこだわっており、どのモデルもクロモリの良さを実感させてくれます。また、カーボンフォークを採用したモデルもあり、軽量化にも貢献しています。

Calamita(カラミータ)argent

argent

1インチのクイルステムを採用し、クロモリのストレートフォーク、ホリゾンタルフレームといったクラシックなロードバイクと言えます。最近では変速段数が10段に対応したことで、アップダウンを含んだコースも走破できるポテンシャルを秘めています。カラーバリエーションも多く、好きなカラーを選ぶことができます。クロモリフレームに独特なラグドフレームであり、メッキラグが一層クラシカルなイメージを彷彿とさせます。また、カラーラグのモデルもあるため好みで選ぶと良いでしょう。

Calamita(カラミータ)dueシリーズ

dueシリーズ

カーボンフォークを採用し、オーバーサイズのヘッドをアッセンブルした現代的なクロモリロードと言えます。Tig溶接にこだわり、きれいな溶接が施されておりレーシングバイクとは異なる美しさが感じられるバイクです。dueではダブルレバーが採用され、クロモリ本来のシンプルさとダブルレバーによる変速機構が相まって良い味を出しています。一方、due+ではshimano製のSTIレバーが採用されており、使い勝手もよく長く付き合える1台と言えます。

Calamita(カラミータ)CX

CX

calamita独特のクロモリフレームでありながら、カーボンフォークを搭載した現代的なバイクに仕上がっているCXシリーズです。特徴的なのが、シフト・ブレーキワイヤーをトップチューブを介してルーティングする、レーシング・シクロクロスの設計であることです。サイクリングや日常でのコミューターとしての自転車を目指しているcalamitaですが、このあたりをシクロクロスの競技志向に合わせてきているのには感心させられます。また、リアにはキャリアを取り付けられるダボが装備されており、長期のツーリングにも使用できる高いポテンシャルを秘めています。夏はツーリング、冬はシクロクロスをやるようなライダーにはおすすめの1台です。