BRIDGESTONE(ブリヂストン)チューブを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

BRIDGESTONE(ブリヂストン)チューブの詳細なカテゴリ

BRIDGESTONE(ブリヂストン) チューブの特徴・選び方

BRIDGESTONE(ブリヂストン)特徴

特徴

クリンチャータイヤとリムの間に入れるのがチューブです。現在の自転車のタイヤのほとんどはクリンチャータイヤで、ホイールの規格に合わせて選ぶことになります。チューブも薄くして軽量化すると、乗り心地や走行性能を高めると言われていますが、反面、パンクのリスクが高くなります。練習用や通勤通学用には、若干重くても耐パンク性の高いチューブを使うべきでしょう。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)選び方

選び方

仏式(フレンチ)バルブは、ロード用のチューブに多く使われており、かなりの高圧まで空気を入れることが出来てロード用に適しています。仏式(フレンチ)ロングバルブは、リムハイトの高いホイールに使うチューブです。米式(アメリカン)バルブは、強度があり、MTBでの、ハードなシングルトラックやダート走行に向いています。英式(イングリッシュ)バルブは、通称「ママチャリ」と呼ぶシティバイクに使われるチューブです。一般的な空気入れがイングリッシュバルブに対応しており、どこでも空気を入れられるという意味で汎用性が高いといえます。