BRIDGESTONE(ブリヂストン)ロード用タイヤを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

BRIDGESTONE(ブリヂストン)ロード用タイヤの詳細なカテゴリ

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ロード用タイヤの特徴・選び方

BRIDGESTONE(ブリヂストン)特徴

特徴

ロード用のタイヤには、クリンチャー(CL)、チューブラー(TU)、チューブレス(TL)の3種類があります。最も多いのはリムとタイヤの間にチューブを入れるクリンチャーです。ロードレーサーの世界では、、タイヤとチューブが一体化したチューブラーが主流で、軽くて空力特性も優れたカーボンホイールもほとんどはチューブラーです。最近増えつつあるチューブレスは、チューブレス対応のホイールでしか使えません。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)選び方

選び方

クリンチャータイヤのメリットは、メンテナンスが容易なことです。タイヤ交換がタイヤレバーだけで簡単にでき、パンクの際もタイヤの中のチューブだけを交換すればよいので、修理がすばやく出来ます。ラインナップが多く、練習用からレース用まで、多くの選択肢があります。チューブラータイヤは、ハイエンドのホイールにしか使われないもので、クリンチャーと比べた時のメリットは、タイヤが潰れやすくグリップをかせぎやすいことです。チューブレスタイヤは、MTBではよく使われていますが、ロード用では多くはありません。メリットは転がり抵抗が少ないために乗り心地が最も良いことです。