Bianchi(ビアンキ)ミニベロ/折りたたみ自転車を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

Bianchi(ビアンキ)ミニベロ/折畳自転車の詳細なカテゴリ

Bianchi(ビアンキ) ミニベロ/折畳自転車の特徴・選び方

Bianchi(ビアンキ)特徴

特徴

コミューターとしての特色が強いミニベロや折り畳み自転車は、市街地の移動や電車や車で移動した先での足としてベストな選択肢と言えます。ミニベロは一般的な自転車と比べてホイールが小さく軽量で、階段や段差があるような場面でも移動が容易です。一方、折り畳み自転車は輪行や車に積んでの移動に適しており、ちょっとしたレジャーに最適と言えます。また、BIANCHIというメーカーはツールで走るチームをスポンサードするなど、スポーツとしての自転車にも力を入れていますが、BIANCHI独特のチュレステカラーを前面に押し出し、ファッショナブルな面も持ち合わせていると言えます。

Bianchi(ビアンキ)選び方

選び方

BIANCHIのミニベロは種類が多いですが、ドロップハンドルを採用したロードバイク寄りのモデルや、バーハンドルを使用したクロスバイク寄りのモデルもあります。また、普段の買い物や移動を主な使用とするためにフロントバスケットを付けられるモデルもあります。ユーザーの使用目的で選べるのも、ラインナップが多いBIANCHIの強みであると言えます。

Bianchi(ビアンキ)MINIVELOシリーズ

MINIVELOシリーズ

Bianchiのミニベロシリーズの中で最も種類が豊富なのがMINIVELOシリーズです。現在は、MINIVELO-10、MINIVELO-8、MINIVELO-7の3種類があります。それぞれのシリーズの中には、ドロップハンドルを使用したロードバイクのようなモデルや、バーハンドルを用いたクロスバイク寄りのモデルもあります。また、MINIVELO-7には、体格の小さい方向けのモデルもラインナップされているため、女性の方も安心して乗ることができます。これらのシリーズの違いとして、使用しているパーツのグレードや変速段数の違いが挙げられます。例えば、MINIVELO-7はフロントギアがシングルであり、ギアにガードが付いているためパンツが汚れる心配が少なく、生活の足として市街地でのちょっとした移動に向いています。逆に、MINIVELO-10は2×10変速となっており、坂道が多い市街地や遠出のサイクリングにも向いていると言えます。

Bianchi(ビアンキ)PISAシリーズ

PISAシリーズ

MINIVELOシリーズをさらにカジュアルにしたのが、PISAシリーズのミニベロです。MINIVELOシリーズのような、一般的なダイアモンド型のフレーム構造ではなく、トップチューブの高さを低くして乗り降りしやすいようにしています。ドロップハンドル・バーハンドルを用いたモデルをそれぞれラインナップしており、好みに合わせて選ぶことができます。そのため、市街地での移動に向いています。カラー展開も明るいイエローやチュレステが多く、カジュアルな服装に合うモデルでもあります。