BELL(ベル)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

BELL(ベル)の取扱いカテゴリ(パーツ)

BELL(ベル)について

アメリカで自動車やオートバイのヘルメットを作っていたBELL(ベル)。
1970年代にアメリカに訪れた自転車ブームで世界初の自転車専用ヘルメットを開発したブランドで、BELLの作ったポリスチレンの軽く丈夫なヘルメットの製法は世界98%のヘルメットメーカーも採用するスタンダードとなりました。今ではモトクロス用やマウンテンバイク用、子供用など多岐にわたるヘルメットを製造しています。

BELL(ベル)の歴史

1923年 カリフォルニアでベルオートパーツ社が設立。
1946年 自動車レースカーの製造などをしていたが、友人の事故死をきっかけにレースを安全に行うための商品の開発に移行。
1954年 ヘルメットのファーストモデル「The 500」が誕生。
1956年 ベルヘルメットカンパニー独立。
1960年 スカウベレー冬季五輪にて、アメリカスキーチームのオフィシャルヘルメットサプライヤーとなる。
以後、スキー用ヘルメットは自転車用としても使用されるようになる。
1975年 世界初の自転車専用ヘルメット「BELL BIKER」の開発。
1983年 アメリカサイクリングチームのオフィシャルヘルメットサプライヤーになる。
以後、有名ライダーへの商品供給を行い、次々に勝利を獲得。
2004年 世界初の通勤・通学用ヘルメットを発表。
現在 全世界で累計販売数10億個を突破。

アーティストシリーズ

初期のBELLヘルメットは何よりも機能性に重点を置いていました。シンプルなラインに簡易なファクトリーグラフィックのみでした。しかしそれからすぐ後に、ペインターたちがそこにちょっとしたユニークな何かを付け足し始めるました。ピンストライプ、ドライバーの名前、チームのロゴマークなど、それからBELLのカスタムデザインは1つの伝統ともなり、今日のBELLアーティストシリーズへと連綿と受け継がれています。それぞれのアーティストの価値観・観点が独創的で魅力的な商品を後押ししています。