AKSLEN(アクスレン)フラッシングを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

AKSLEN(アクスレン)フラッシングの詳細なカテゴリ

AKSLEN(アクスレン) フラッシングの特徴・選び方

AKSLEN(アクスレン)特徴

特徴

AKSLEN(アクスレン)は、元々カメラのレンズを製造していたメーカーで、日本の各メーカーが、製作を依頼していたほどの技術を持っている、すばらしいブランドです。最近では、液晶関係の電子デバイスも製造していて、そり一層技術が磨かれています。そんな高等技術を、自転車のライトに生かしています。ライトが明るく見えるかどうかは、レンズによって大きく別れてしまいます。彼らの技術を駆使したライトは、きっとあなたの想像以上の明るさでしょう。ヘッドライト、フラッシングライト共に非常にお求め役なっています。

AKSLEN(アクスレン)選び方

選び方

本体がそのままスイッチになっているAKSLEN(アクスレン) マグレブ リア SL-30R SL-30R 【リア】【フラッシング】。冬のナイトランで、グローブをひと時も外したくない寒さでも、スイッチ操作が出来るのです。これはありがたい機能ではないでしょうか。スイッチがない分、防水性も高まっています。伸縮性が高いバンドで固定するので、ヘルメット背面などの、よりドライバーからの認知度の高い場所に取り付ける事が可能です。ヘルメット前面には、こちらのAKSLEN(アクスレン) マグレブ フロント SL-30W SL-30W 【フロント】【フラッシング】で、山道での対向車へ、アピールは絶大です。