AKSLEN(アクスレン)ライトを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

AKSLEN(アクスレン)ライトの詳細なカテゴリ

AKSLEN(アクスレン) ライトの特徴・選び方

AKSLEN(アクスレン)特徴

特徴

AKSLEN(アクスレン)は、元々カメラのレンズを製造していたメーカーで、日本の各メーカーが、製作を依頼していたほどの技術を持っている、すばらしいブランドです。最近では、液晶関係の電子デバイスも製造していて、そり一層技術が磨かれています。そんな高等技術を、自転車のライトに生かしています。ライトが明るく見えるかどうかは、レンズによって大きく別れてしまいます。彼らの技術を駆使したライトは、きっとあなたの想像以上の明るさでしょう。

AKSLEN(アクスレン)選び方

選び方

乾電池2本だけで1000カンデラの明るさを実現したAKSLEN (アクスレン) DOUBLE EYE (ダブルアイ) HB-112【ヘッドライト】【乾電池式ヘッドライト】。特徴は、ライトをハンドルセンターへマウントできることです。偏り無く前方を照らせることは、ナイトランのストレスがグッと少なくなります。ハンドルへは工具無しで取り付け可能で、週末ライドには簡単に取り外すことが可能です。バッテリーの最後までしっかりと明るく照らせる回路を採用したAKSLEN HL-90 アクスレン HL90【ヘッドライト】【乾電池式ヘッドライト】。5つものレンズが搭載され、使い方にもバリエーションが豊富です。常時点灯させながら、フラッシングをして対向へのアピール度は、かなり上がるでしょう。