AKSLEN(アクスレン)アクセサリを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

AKSLEN(アクスレン)アクセサリの詳細なカテゴリ

AKSLEN(アクスレン) アクセサリの特徴・選び方

AKSLEN(アクスレン)特徴

特徴

AKSLEN(アクスレン)は、元々カメラのレンズを製造していたメーカーで、日本の各メーカーが、製作を依頼していたほどの技術を持っている、すばらしいブランドです。最近では、液晶関係の電子デバイスも製造していて、そり一層技術が磨かれています。そんな高等技術を、自転車のライトに生かしています。ライトが明るく見えるかどうかは、レンズによって大きく別れてしまいます。彼らの技術を駆使したライトは、きっとあなたの想像以上の明るさでしょう。

AKSLEN(アクスレン)選び方

選び方

4つのレンズが取り付けられているAKSLEN(アクスレン) GTO4 HL-190 【乾電池式】【ヘッドライト】。上段の2つは、常時点灯用で、下段は常時点灯とフラッシングの2パターンでの使用が可能です。エコモードとして、下段は消灯も可能。明るい市街地での使用を想定しています。手軽な乾電池二本仕様で、明るさはフルモードで1000カンデラを実現しています。さらに、本体価格が驚くほど易いので、気になる方は、是非チェックしてみてください。小さくても明るいAKSLEN(アクスレン) HL-160 フロントは、日亜化学工業製の日本製超高輝度LEDを使用し、非常に高品質な商品です。1灯のみの省電力モード、2灯を使用したフルパワーモードと使い分けることが出来ます。