AKSLEN(アクスレン)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

AKSLEN(アクスレン)の取扱いカテゴリ(パーツ)

AKSLEN(アクスレン)について

AKSLENは元々カメラレンズを製造していたメーカーです。光を操る技に長けた、彼らの技術力を評価して、何社もの日本の有名カメラメーカーがレンズの設計・製造を依頼していました。最近では、液晶ディスプレイのバックライトモジュールなど、高度な電子デバイスも製造しており、電子回路設計・製造のスペシャリストでもあります。彼らの自転車用ライトは、今まで出回っているライトを陵駕する素晴らしい性能を発揮しています。

AKSLEN(アクスレン)の歴史

1979年 設立。カメラ用部品の製造設計を行う。
1995年 液晶ディスプレイのバックライトモジュールの製造開始。
2001年頃 自転車用LEDライトの研究・開発の開始。
2003年 台北サイクルショーでライト製品がデビュー。
以後、製品賞などを受賞し、世界20ヶ国以上で販売される。

特徴

AKSLENは、ハイパワーなLEDライトが特徴的です。取り付けバンド径も複数用意され、ハンドル以外の場所にも容易に設置することができます。また、ラバーバンドで簡単に取り付けられるものもあります。カメラレンズメーカーでもあるAKSLENのライトは高い光学技術で、明るく、死角のない広い照射角を実現し、高い評価を得ています。