Abrigo(アブリーゴ)を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PARTS&ACCESSARY

Abrigo(アブリーゴ)の取扱いカテゴリ(パーツ)

Abrigo(アブリーゴ)について

Abrigo(アブリーゴ)は、ポルトガル語で「保護・保守」を意味するブランドです。サイクルロックとして高い耐久性や使い易さはもちろん、軽量でコンパクト、洗練されたデザインがコンセプトとなっています。ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクなど、スポーツサイクル ライダーの立場に立ってデザインしています。

Abrigo(アブリーゴ)の歴史

1954年 大阪市にニッコー金属工業株式会社設立。
自動車用ホーンと自転車用錠前の製造販売開始。
1963年 自転車用ブザー販売開始。
1964年 自転車用錠前部門で、日本工業規格(JIS)表示許可を受ける。
1992年 兵庫県篠山市に工場を移転、社名を「株式会社ニッコー」に改称 。
1994年 電動アシスト自転車用錠前の供給開始。
2010年 錠前Abrigoブランドの製造販売開始。

特徴

軽快車やシティサイクルを中心に使用される馬蹄錠、便利なワイヤーロック、U字ロックを展開するNIKKOの、スポーツバイク向けのスタイリッシュなロックを展開するブランドがAbrigoです。使い勝手の良い商品展開と、ポップなデザインが特徴的です。