3T(スリーティー)トライアスロン/TT用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

3T(スリーティー)トライアスロン/TT用の詳細なカテゴリ

3T(スリーティー) トライアスロン/TT用の特徴・選び方

3T(スリーティー)特徴

特徴

イタリアの老舗バイクパーツブランド3T(スリーティー)の設立は、1961年までさかのぼります。3T(スリーティー)誕生以前は、バイクパーツと言えば、軽量な鋼で作られていました。しかし、3T(スリーティー)の創業者デディオニッギは、強度を落とさずアルミニウムで製作することに、成功したのです。一躍、3T(スリーティー)の名を有名にしたのは、フランチェスコ・モゼールが、同社のアルミニウム製ブルホーンバーを使用して、アワーレコードを樹立した時です。高い品質と技術は、トライアスロンの分野でも評価されています。

3T(スリーティー)選び方

選び方

ショートトライアスロンや、アップダウンが多いタイムトライアルで有効な3T (スリーティー) ZEFIRO LTD (ゼフィーロLTD)【トライアスロン/TT用ステアリング周辺パーツ】【エアロハンドルバー】。ハンドル上部には、シリコンパッドが装備され、快適なライディングが可能です。エアロポジションのグリップ部分も、アナトミックデザインにより、確実なグリップが得られます。タイトなコーナーを含むコースでは、ドロップバーポジションにより、安定したコーナーリングで、ベストタイムが出せるかもしれません。オリンピックメダルを獲得したモデルの3T(スリーティー) VENTUS 2 LTD 【26.0mm】【エアロハンドルバー】。深いクラウチングポジションを可能にするストレートエクステンションバーと、シマノDi2に対応し、勝つためのDHポジションハンドルです。