3T(スリーティー)ピスト/トラック用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3T(スリーティー) ピスト/トラック用の特徴・選び方

3T(スリーティー)特徴

特徴

イタリアの老舗バイクパーツブランド3T(スリーティー)の設立は、1961年までさかのぼります。3T(スリーティー)誕生以前は、バイクパーツと言えば、軽量な鋼で作られていました。しかし、3T(スリーティー)の創業者デディオニッギは、強度を落とさずアルミニウムで製作することに、成功したのです。一躍、3T(スリーティー)の名を有名にしたのは、フランチェスコ・モゼールが、同社のアルミニウム製ブルホーンバーを使用して、アワーレコードを樹立した時です。弛まない開発力で作り出されるトラックレース用のハンドルは、最高のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

3T(スリーティー)選び方

選び方

強烈なルックスで、インパクトが大きい3T(スリーティー) SCATTO LTD 【ドロップハンドルバー】【ピスト/トラック用】。極太のハンドルバー上部が、ねじれを抑えピストマンの、爆発的なスプリントを支えます。ハイモジュラスカーボンを使用し、一般的なハンドルよりも、50%の剛性アップに成功しています。トラック競技が盛んな、オーストラリアのナショナルチームも、開発に加わり、スプリント時に妨げにならない形状と、これ以上内ほどの剛性で、トラックの短距離種目をターゲットにした、究極のハンドルです。