3T(スリーティー)31.8mmを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3T(スリーティー) 31.8mmの特徴・選び方

3T(スリーティー)特徴

特徴

3T(スリーティー)は1961年にMario Dedioniggiにより設立されたバイシクルパーツブランドです。Dedioniggiはそれまでスチールで作られていたパーツをアルミ合金に切り替え、ハンドルバーやステム、シートポストなど自転車の重要なパーツを軽量化することに成功しました。トップクラスの機能を備え、価格を抑えたPROグレード、トッププロレースに用いられるTEAMグレード、一切の妥協のない最高品質のLTDグレードと3グレードで展開しています。

3T(スリーティー)選び方

選び方

3T(スリーティー)の各種アクセサリも大変充実しており、品質の高いものだけを提供しています。ロード用ドロップハンドルバーでお勧めしたいのは、各3グレードに準備されているAEROTUNDOシリーズです。特に最高グレードのLTDはハイモデュラスカーボン製で極限までエアロダイナミクスを追求したハイエンドモデルとなっています。クランプ径はいずれもφ31.8です。