3T(スリーティー)MTB/クロスバイク用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

3T(スリーティー)MTB/クロスバイク用の詳細なカテゴリ

3T(スリーティー) MTB/クロスバイク用の特徴・選び方

3T(スリーティー)特徴

特徴

イタリアの老舗バイクパーツブランド3T(スリーティー)の設立は、1961年までさかのぼります。3T(スリーティー)誕生以前は、バイクパーツと言えば、軽量な鋼で作られていました。しかし、3T(スリーティー)の創業者デディオニッギは、強度を落とさずアルミニウムで製作することに、成功したのです。一躍、3T(スリーティー)の名を有名にしたのは、フランチェスコ・モゼールが、同社のアルミニウム製ブルホーンバーを使用して、アワーレコードを樹立した時です。MTBレースシーンでも、大活躍中です。

3T(スリーティー)選び方

選び方

トップMTBチームが使用している3T(スリーティー)は、オフロードでもその高い性能は、戦績が証明しています。 ERYX TEAM RISER 【31.8mm】【ライザーハンドルバー】は、カーボン製で振動吸収性がよく、オフロードではその効果を、はっきり実感できるでしょう。ハンドル幅740mmと、超ワイドハンドルの3T(スリーティー) EXTENDO PRO 【31.8mm】【ライザーハンドルバー】。マテリアルはアルミニウムで、耐久性を重視し、エクストリームライディングに、ぴったりのハンドルになっています。ブラックにブラックロゴで、戦闘的な3T(スリーティー) XIDA TEAM BLACK SERIES 【31.8mm】【ストレートハンドルバー】。ブラックのバイクとカラーコーディネートしたら、迫力を増すでしょう。