3T(スリーティー)ハンドル・ステム・ヘッドを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

3T(スリーティー)ハンドル・ステム・ヘッドの詳細なカテゴリ

3T(スリーティー) ハンドル・ステム・ヘッドの特徴・選び方

3T(スリーティー)特徴

特徴

イタリアの老舗バイクパーツブランド3T(スリーティー)の設立は、1961年までさかのぼります。3T(スリーティー)誕生以前は、バイクパーツと言えば、軽量な鋼で作られていました。しかし、3T(スリーティー)の創業者デディオニッギは、強度を落とさずアルミニウムで製作することに、成功したのです。一躍、3T(スリーティー)の名を有名にしたのは、フランチェスコ・モゼールが、同社のアルミニウム製ブルホーンバーを使用して、アワーレコードを樹立した時です。現在でも、トップ選手が好んで使うハンドルブランドのひとつです。

3T(スリーティー)選び方

選び方

カーボンハンドルが実践投入されて、久しいですが、3T (スリーティー) SPHINX LTD (スフィンクスLTD)【ロード用ステアリング周辺パーツ】【ドロップハンドルバー】も、トラック、ロードともに多くの戦績を残しています。考えに考え抜かれた、最適なハンドル形状と、エアロフォルム。まさに究極のハンドルと言っても、過言ではありません。GPSシステムを搭載したサイクルコンピューターは、今や一般的になりました。3T(スリーティー) INTEGRA TEAM WITH GARIMIN MOUNT 【ステム】【その他】は、ハンドルステムと一体になり、かなりすっきりとしたルックスになります。