SHIMANO 105(シマノ105)本体を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHIMANO 105(シマノ105) 本体の特徴・選び方

SHIMANO 105(シマノ105)特徴

特徴

今や言わずと知れた世界最大級の自転車コンポーネントメーカーSHIMANO(シマノ)が、ロードバイクの爽快な走行感を追求し続ける多くのライダーに向けて送り出す、ロードバイクミドルグレードコンポーネントが105(イチマルゴ)です。105(イチマルゴ)のカセットスプロケットはコストを抑えながらも、上位機種譲りの確実な変速性能と高い駆動効率を実現すると同時に、アルミスパイダーを採用することで軽量性の追求もなされています。

SHIMANO 105(シマノ105)選び方

選び方

105(イチマルゴ)のカセットスプロケットには、前モデルで10速仕様の5700シリーズ及び最新モデルで11速仕様の5800シリーズがラインナップされています。細かい仕様上の区別としては歯数構成以外ございませんが、最大ギア(ローギア)が30Tより大きい場合はリアディレイラーがSS仕様ではなくGS仕様である必要があります。また、旧来の10速用ホイールのフリーボディは、基本的に11速スプロケットの取り付けに対応していない点にもご注意ください。