SHIMANO 105(シマノ105)シクロクロス専用を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BICYCLE

SHIMANO 105(シマノ105)シクロクロス用の詳細なカテゴリ

SHIMANO 105(シマノ105) シクロクロス用の特徴・選び方

SHIMANO 105(シマノ105)特徴

特徴

言わずと知れた世界の自転車パーツメーカーSHIMANO。自転車レースの世界で、その高い性能が証明されています。ただのパーツメーカーではなく、レースを主催し、スポンサードもしていて、もはや自転車界になくてはならないのが、SHIMANOなのです。シマノのラインアップは、非常に多彩で、高級パーツから、リーズナブルなタウンバイクのパーツまで、それぞれの目的に合った最適なパーツを選ぶことができるのです。近年、急速に広まりつつあるシクロクロス。一時はカンチブレーキのラインナップが消えた時代もありましたが、今では各社から発売されるまでになり、シクロクロスの人気を伺えます。

SHIMANO 105(シマノ105)選び方

選び方

シマノのシクロクロス用パーツと言えば、カンチブレーキでしょう。一時はラインナップから消えてしまいましたが、ユーザーからの声にこたえる形で、再登場したのが、シマノBR-CX7とBR-CX50。無論、制動力は抜群です。泥はけ性能が高い理由はブレーキパッドホルダーから伸びる棒状の部分で、タイヤとのクリアランスが大きくとられている為です。このような形状を採用しているカンチブレーキは他社になく、泥のコースではアドバンテージを得られるでしょう。シクロクロス用クランクFC-CX70は、レースに最適なアウター46T、インナー36Tのギアがセットされています。シクロクロス以外でも、46Tは非常に使いやすいアウターなのです。