HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

新型DURA-ACE R9200 ULTEGRA R8100が発表!!【予約受付…

投稿者:マツオ

新型DURA-ACE R9200 ULTEGRA R8100が発表!!【予約受付開始】

デュラエースR9200イメージ

新型デュラエース、SHIMANO DURA-ACE R9200シリーズがついに発表されました!

また今回は例年と異なり アルテグラも同時発表となり、ULTEGRA R8100シリーズが発表されました。

2019年頃から、新型の噂が絶えず、変更点について様々に予想もされていました。
巷の噂どおりだったところも、予想を裏切ってきたところもありますが、新しくなったポイントをご紹介します!

R9200キットのご予約はこちらから!

新型DURA-ACE ULTEGRAの変更点

・12速化
・Di2のみ
・ワイヤレス接続
・リムブレーキあり
・新型フリーボディ

今回の新型の変更点として、スタッフが気になったポイントを挙げてみました。
それではさらにそれぞれ細かく見てみましょう。

 

12速化

スラム、カンパニョーロが12速化してから約2年がたち、満を持してシマノも12速となりました。
既にシマノもMTBコンポーネントでは12速を展開していますが、そのテクノロジーがロードコンポーネントにも活かされています。
MTB12速と同じくHYPERGLIDE+(ハイパーグライドプラス)仕様となり変速スピードが向上し、変速ショックも軽減されています。

さらにスプロケットは11-30Tが標準仕様となり、11-34Tもデュラエースで使用可能になります。
12速となったことで使用頻度の高い中央付近のギアが15-16-17Tとなり細かなギアチェンジが可能になりました。

R9200ギア説明 R9200ギアテーブル

 

Di2のみ

今回のDURA-ACE R9200およびULTEGRA R8100はDi2仕様のみとなりました。
レース用のコンポーネントとして、ブラッシュアップしていく上では
やはりケーブルを内装しやすい電動コンポーネントに集約されるのでしょうか。
また、今回のアップデートではDi2自体も新型となっておりバッテリーエレクトリックワイヤー新型での組付けが必要となります。

変速スピード

 

ワイヤレス接続

事前に特許やプロトタイプから予想されていた通り、STIレバーとリアディレイラー間はワイヤレス通信が可能になりました。
これに伴ってこれまでジャンクションAが担っていたバッテリー残量の確認や変速モードの変更といった機能がリアディレイラーに統合されることに。
充電ケーブルの接続もリアディレイラーからとなります。
リアディレイラーの破損時が少し心配ですが、ジャンクションAがないことでハンドル周りの配線も簡単になりそうです。
ワイヤレス接続が可能なのはディスクブレーキ用のSTIレバー利用時のみですのでご注意を。

ワイヤレス接続

新リアディレイラー

 

リムブレーキあり

ディスク化が進む、ロードバイクですが、リムブレーキ派のみなさんには朗報です!
リムブレーキでもシマノ 12速コンポーネントが使えます!
前述の通りDi2仕様のみとはなりますが、リムブレーキ用のSTIレバーもラインナップされています。
ワイヤレスでの接続はできませんが、これまでの愛車や、軽量なリムブレーキバイクにも
最新の12速コンポーネントを取り付ける事が可能です。

ラインナップ

 

新型フリーボディ

12速化に伴ってフリーボディの形状が変更となりました。
より細いスプラインをもつ形状のフリーボディとスプロケットとなります。
見た目はシマノMTB用コンポーネントの「マイクロスプライン」に似ていますが、互換性はないとのことです。

12速用スプロケットは11速用HGフリーボディに装着可能です!
つまりこれまで愛用されていたホイールがそのまま12速でも使えてしまうのです。
特に様々なハイトのホイールを揃えているレーサーの方は嬉しいポイントですね。

フリーボディ

 

まとめ

ついに12速化を果たし、ワイヤレス接続や変速スピードの向上などアップデートが加わりながらも、
リムブレーキ対応、11速フリーボディ対応など、これまでのバイクやホイールとの互換性が高いことがポイントです。
多くの方が無理なく今の愛車をグレードアップできそうですね。

ご購入はぜひきゅうべえオンラインショップで!
R9200導入キットのご予約はこちらから!

 

シェアをお願いします!

投稿者情報:マツオ

ロードバイクでツーリングを楽しむきゅうべえスタッフ。
最近はグラベルロード購入を計画中。

SNSをフォローして新着情報をチェック!