HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

遊べる!走れる!おすすめグラベルロードバイク マルチロードバイク

投稿者:qbei

遊べる!走れる!おすすめグラベルロードバイク マルチロードバイク

まずグラベルロードとは何だろう?という方に説明いたします!

■グラベルロードとは

「グラベルロードバイクとは砂利道などの未舗装路も走れるように設計されたロードバイクの一種です」

つまり、地面のあるところなら大体走れるように設計したロードバイクということなんです!

具体的にどこが違うかというと…


■グラベルロードの特徴

1、どんな路面でも安定するようにタイヤが太く表面がつるつるしていません…

2、どんな天候でも止まりやすくするために、ホイールの中心で作動する「ディスクブレーキ」を搭載していることが多いです!

3、一般的なロードバイクよりアイレット(ダボ穴)が多いので、自転車に荷物を載せやすくしています!

もちろんグラベルロードだからアイレットも多いです!フロントフォーク含めてボトルケージを5つ載せることができるので、すべてボトルを載せるのでなくツール缶や丸めた輪行袋を差し込むこともできます。

一方でリアにはアイレットがないのでサドルバッグはつけられても、大きなキャリアやバニアバッグは載せることはできません…。

自転車だけでどこまでも旅に出るというよりは輪行袋に入れて電車に乗って、降りた先でサイクリングをするイメージが強いですね。

ロードバイクならではの機動性はありますので、日本各地のサイクリングロードを楽しむのに向いていそうです!


■2019年モデルおすすめのグラベルロード

・CENTURION(センチュリオン) CROSSFIRE GRAVEL2000 (クロスファイヤーグラベル2000)

・FELT(フェルト)  VR60

・GT(ジーティー) GRADE ALLOY COMP (グレードアロイコンプ)

・MERIDA(メリダ)SILEX200 (サイレックス200)

・mongoose(マングース) MAURICE PLUS (モリスプラス)

・JAMIS(ジェイミス)RENEGADE EXILE (レネゲードエグザイル)


■CENTURION

CENTURIONはW・レナー氏により創設された、ドイツの自転車メーカー。
質実剛健なドイツブランドらしい「洗礼された機能美こそが真に美しい外見を備える」を信念とし、マウンテンバイクをはじめ、ロードバイクや、近年ヨーロッパを中心に注目されているe-BIKEの開発にも積極的に手掛けています。
2014年、ドイツのバイク誌から最高級のハードテイルMTBとして「スーパー」称号を与えられた「バックファイヤー カーボン アルティメイト27」を輩出 2015年には「ギガドライブ ディスク」が栄えあるデザイン賞の「フォーカスオープン」の金賞を受賞。
センチュリオンはどのような状況下でも長期にわたってユーザーに充分な満足得るため、品質と安全性に最大限の注意を払い、全ての過程は当社独自の社内テストレーションによって自転車業界の様々な厳格に準拠するよう厳格にテストされ、管理されています。

CROSSFIRE GRAVEL 2000

定価: 162,000円(税込)
販売価格: 113,400円(税込)

■Cyclo Cross

非舗装路での走行も楽しむライディングスタイルに最適なカテゴリー。
クロスファイヤーはシクロクロスでの使用を意識し、旋回性と安定性のバランスを意識したジオメトリーのフレームとフォークに33Cタイヤを採用。
クロスファイヤーグラベルには、より安定性重視のジオメトリーを採用したフレームとフォークにふとめの40Cタイヤを使用。
フェンダーダボが設けられているので、バイクパッキングなどのツーリング用途にも対応しています。

★Point!

低速でも安定しやすいグラベルのエントリーモデル。ティアグラ装備なので、地形への対応も十分に可能。様々な路面での走行を楽しめるグラベル カテゴリー。旋回性と安定性のバランスを意識したジオメトリーのフレーム/フォークに、38Cタイヤ、ディスクブレーキを装備しています。別売のリアキャリアーを装着することでアーバンライドやツーリングなどでも活躍します。


■FELT

チュービングの魔術師ジム・フェルトが生み出すFELTのバイク。
独自開発のフレームチューブと設計思想により、他のバイクとは明らかに異なった乗り味を持っています。
そしてドイツメーカーらしく緻密な計算と実験によって製品を生み出します。
繰り返される風洞実験とシミュレーションの果てに生まれるバイクは完全に計算しつくされた究極のマシンです。

またFELTのバイクを物語るうえで欠かせないのが、カーボンフレームの全数チェック。
通常のメーカーは生産された製品のうち5%程度の製品に対し検査を行います。
FELTは生み出された製品の全てを検査します。これにより高い品質を維持しています。

VR60

定価: 116,640円(税込)
販売価格: 104,976円(税込)

■VRマルチロードバイク

カーボン、アルミグレード共にすべてにディスクブレーキを搭載したマルチロードバイク「VR」シリーズ。アップライトなポジションに、ロングホイールベースのジオメトリーを採用。マルチロードの名の通り、様々なライディングシーンを想定したつくりになっており、タイヤクリアランスを大幅に拡張。幅35mmまでのタイヤの装着が可能になり、普段使いからアウトドアシーンまで幅広い用途に対応する。

★Point!

VRのアルミフレームシリーズで最もリーズナブルな完成車。VRシリーズの専用フェンダーを取り付けて、通勤通学などの日常使いにもオススメ。
VRは、ハイスピードなトップレースとダウンヒルコースのようなオフロード以外であれば、これ1台で全てのライディングに対応します。広いタイヤクリアランスを確保しているため、ブロックタイヤを装備することでオフロードにも対応します。ペダリングの反応性に必要な横剛性はレーシングバイクと同等レベルまで高めて設計しているので、23Cタイヤを装着しハンドルを下げればレースにも対応します。


■GT

トリプルトライアングルがアイデンティティ―のGT。 BMXから始まったその歴史はMTBを経てオフロード用のスポーツバイクを得意とするブランドになりました。
ワールドクラスのレースに数多くのモデルを投入しており、開発力の高さからMTBではそのジャンルをリードするブランドとして位置づけられています。
近年ではMTBで培った技術を生かしグラベルロードの分野でも他にはない魅力的な自転車を生み出しています。

GRADE ALLOY COMP (グレードアロイコンプ)

定価: 91,584円(税込)
販売価格: 82,425円(税込)

■GTのグラベルロード

GTのアイデンティティ、トリプルトライアングルがポイントのグラベルロードバイクです。
MTBの開発で培った設計思想と得意分野のオフロードの知識と走破性をつぎ込んだGTならではの走行感を味わえます。
低重心設計ととトリプルトライアングルフレームにより高い安定性と加速性を備えています。

★Point!

アスファルトも石畳もダートさえも。どこまでも走るグラベルロード グレードはロードバイクのスピードとマウンテンバイクの走破性を併せ持った新しい時代のグラベルロードだ。
舗装路を軽やかに走り抜け、そのまま林道ツーリングを楽しんだ後にキャンプ、翌日帰路につくような休日を提案できる。
優れた振動吸収力は都市部・トレイルともに快適さを提供する。


■MERIDA

メリダは1972年に台湾で創業の大手OEMメーカー。
数多くの有名ブランドのOEM製造を手掛けています。
1988年には自社の名前を冠したブランドバイクの展開を開始。
設計はドイツのシュトゥットガルトにあるMERIDAヨーロッパR&Dセンターで行われており、製造工程を本社のある台湾やアジアで行うことにより、製造コストを出来るだけ抑えながら、ハイパフォーマンス・ハイクオリティを誇るバイクを創り出しています。
現在ではツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャなどビッグレースに参戦するチーム有し、メリダが持つ確かな技術、最先端のテクノロジーを遺憾なく発揮し、戦績をあげています。

SILEX200 (サイレックス200)

定価: 151,092円(税込)
販売価格: 135,982円(税込)

■どんな道でもあなたのもの

気の向くままに行きたい方向いに向かって時間を気にせずに走ることの素晴らしさといったら言葉には出来ません。
そんなライディングがしたいならサイレックスこそが最高の相棒。
MERIDA史上、もっと多目的で快適性に優れたロードバイクです。
最新のMTBにインスパイアされたジオメトリーを採用しています。
ロングトップチューブとショートステムの組み合わせは、軽快で信頼できるハンドリングを実現しています。

★Point!

メカニカルディスクブレーキとアルミフレームを採用したエントリーツアラー

メンテナンスのし易さに定評のあるメカニカルディスクブレーキを採用し、僻地での走行にも対応したアルミフレーム採用のツーリングバイク。MTBレーシングバイクの開発で培った振動吸収性に優れたアルミフレームと、体圧分散を考えた専用のツーリングジオメトリーを採用し長距離のライディングでも高い快適性を実現。


■mongoose(マングース)

BMXの元祖ブランド。
1970年代初頭にOn Any Sunday(オン・エニ・サンデイ)などのモーターサイクルの映画を見たカリフォルニアの子供たちが自転車で真似を始めた。
自転車(特にホイール)を壊し続けながらジャンプをする彼らを見てマグネシウム合金製の専用ホイール(Motomag)を作り、いち早くこの遊びにBMX(バイシクルモトクロス)という名前を付けBMX Products社を創立したのがMongooseの前身。

2年後には世界初のBMX専用フレームMongoose(マングース)を開発し、世界初の BMXプロチームを編成し零細企業には無謀とも思われるTV宣伝でチームのレースシーンをオンエア。
これにより、このスポーツが歴史上初めてのUSA生まれのサイクルスポーツとして世界中に一挙に浸透。
「BMX」という名称も後追いメーカーの誰もが使う「一般名詞」となって今日に至る。

MAURICE PLUS (モリスプラス)

定価: 61,560円(税込)
販売価格: 61,560円(税込)

★Point!

■MAURICE PLUS

アーバンシングルスピードバイク=Mauriceが、650Bx47のWTB Horizonタイヤを履いて鮮烈に復活を遂げました。
フレームは、軽さと剛性を両立したTectonic T1 Aluminum製。700Cとの互換性もあります。
スタイリッシュなブルホーンハンドルバーと制動力が高いディスクブレーキに加えて、フレームバッグまで標準装備。
こちらも驚異の価格でお届けします。


■JAMIS

Jamisは、35年以上にわたり、作り手自身が乗ることを愛するサイクリストを信念として熟達したサイクリストに認められる製品を作り続けてきました。
理論や技術、データとして最高なことを実証するためではなく、乗り手が実際に走りたい場所で、走りたいように走れる自転車。
それに必要なのは、自転車を愛する心と、それを長く続けていこうという気持ち。
今日できることを、明日もしていく。それが、自転車好きが、自転車好きのためにできる最大の、そして唯一の真心だからだと考えているからです。

RENEGADE EXILE (レネゲードエグザイル)

定価: 107,892円(税込)
販売価格: 107,892円(税込)

■RENEGADEシリーズの特徴

この先にあるものを知らない道を走るなら、RENEGADE(レネゲード)と走りたい。あらゆる路面をそのまま走れる、行き先の可能性を大きく広げるアドベンチャーロード、それがRENEGADEだ。長距離ライドのために設計されたジオメトリー。太くて心地よい40cタイヤまで対応するクリアランス。そして天候に左右されない安定した制動力を備えたディスクブレーキ。これら性能がRENEGADEの走破性の高い走りを実現。

★Point!

遠くのトレイル、河川敷、街中のちょっと悪路。アドベンチャーは日常のちょっとしたところにも存在する。RENEGADE(レネゲード)ならあらゆる路面をそのまま走ることができる。36Cの太いタイヤ、天候に左右されない制動力をもつディスクブレーキ。これらの性能は走破性の高い走りを実現。
キャリアやラックを取り付けるダボも標準備されており、様々なオプションが取り付けられる。カーボン、クロモリ、アルミなど3素材、8モデルから選択できるのも魅力。


ギャラリー

投稿者情報:qbei

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読