HOME / 

DriveTrain(駆動系) / 

リアディレイラー(後変速機)の調整

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

リアディレイラー(後変速機)の調整

Pocket
LINEで送る

見るからに複雑な部分なので、自分で調整するのに抵抗を持っている方もいると思います。片手間でチョイチョイと出来るモノではありませんが、これが出来ると出来ないでは大違いなので、是非とも習得しましょう。ここではシマノ製リアディレイラーについて説明します。

利用する工具について

アーレンキー(六角レンチ)
一般的には5mmアーレンキーだけで作業できます。
プラスドライバー
サイズは2番くらいが丁度いいでしょう。

調整

  1. フロントをセンターに変速します。
    トリプルギアならセンター、ダブルギアならインナーに切り替えておきます。
  2. ガイドプーリーの位置を調整します。
    変速レバーをトップに入れ、アジャスターを締めこんだ状態(ワイヤーをたるませる)で、画像赤丸で示したネジを回します。※ワイヤーが張った状態ではこの調整の意味が無いので、場合によってはワイヤー固定ボルトを緩めてインナーワイヤーをはずして調整します。

    トップ側調整

    トップ側調整

    車種によって若干形状が変わりますが、多くはトップギア=ハイスピードギアを示す『H』の刻印があるので分かりやすいと思います。
    時計回りで左へ、半時計周りで右へとガイドプーリーが移動します。トップギアと一直線(気持ち外側)になるように調節して下さい。

    ガイドプーリーの位置を調整します

    ガイドプーリーの位置を調整します

    自転車の後方から確認しつつ調整しましょう。

    クランクを回し、トップ側可動域ボルトを少しずつ動かして、音鳴りが最小になる所に合わせます。しっかり位置取りをしないと、変速不良やチェーン外れ、異音などの原因となります。

  3. ワイヤーを張ります。
    この状態で、シフトワイヤーをはずしている場合はワイヤーを取り付けます。
  4. 次の段に変速するように調整します。
    変速レバーを操作して一つ重いギアに切り替え、次のギアに変速するまでアジャスターを緩めていきます。そして、音鳴りが最小になるよう調整します。

    ツマミを回して微調整

    ツマミを回して微調整

    ※『アウターがアウター受けにしっかりハマっていない』『タイコがシフトレバーにかかっていない』場合もありますので、うまく変速しない場合はこれらもチェックしてください。

  5. トップ、ロー以外の段を調整します。
    同じ事を繰り返し、ロー側まで調整していきます。もしある箇所より軽くならなければ、ロー側可動域ボルトを緩めます。方向はトップ側と同じです。
  6. ローの調整をします。
    ローになるようにロー側可動域調整ボルトを緩めます。目安としてはローギアとガイドプーリーが一直線になったところでそれ以上外側に行かなくなる状態です。緩めすぎるとチェーンがスプロケットの外側に行ってしまうので、シフトワイヤーを手で引っ張って調整してください。

    ロー側調整

    ロー側調整

  7. Bテンションを調整します。
    赤丸で示したボルトを回し、Bテンションをチェーンが詰まらない程度にまでスプロケット(ギア)に近づけます。近すぎると異音などの原因になるので、『少し締めたら確認』の繰り返しで慎重に。

    少し締めたら確認

    少し締めたら確認

  8. 最終チェック全て完了したら、シフトレバーを素早く操作して、全ての段で思ったように変速するか確認してください。

注意:自転車によっては、ある特定の段での音鳴りが止まらない、ある程度以上の変速性能が出ない場合もあります。また、この方法は一般の方向けに、基本的なことのみ載せています。店ではより高度な調整を行っています。

Pocket
LINEで送る

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

  • 2018/02/25 - ちゃろふ

    シフトワイヤーのアウターがボロボロになりインナーワイヤーも錆びていた為、シフトワイヤーのアウターケーブルとインナーワイヤーを交換しました。
    しかし交換後、シフトチェンジが出来なくなりました。ギアはシマノの6変速です。
    ワイヤー固定ボルトを締める際、ワイヤーを張り気味に締めると3速よりハイギアには、シフトレバーが固くギアチェンジが出来ません。
    少し緩みを持たせてワイヤー固定ボルトを締めると、レバーを回しても6速に入ったままシフトチェンジ出来ません。
    アジャスターの調整に問題があるのか、シフトレバー内に問題があるのか、シフトワイヤー交換がうまく出来ていないのか。もし問題点がわかれば教えてください。

  • 2018/02/27 - ちゃろふ

    先日シフトワイヤーを自分で交換しました。
    シマノの6変速ですが、交換後シフトチェンジがうまく出来ません。
    固定ボルトを締める際にワイヤーを張り気味にすると、3速よありハイギアに入れようとしてもシフトレバーが固くて変速出来ず、ワイヤーの剥き出し部分を見るとピンピンに入っていることが分かりました。
    すこし余裕をもたせて固定ボルトを締めると6速から変速が全く出来ません。
    どうしたら良いでしょうか?

  • 2018/02/27 - mechanic

    ちゃろふ様

    お問合せありがとうございます。

    お尋ねの件ですが、インナーケーブルをディレーラーのケーブル固定ボルトに固定する際、ケーブルの張りが強すぎますと、トップギアにおりにくい状態となります。
    逆に張りが弱すぎますと、トップギアからシフトレバーを押していっても、なかなかギアが上がっていかず、あがっていっても途中までしかいけない状態となります。
    アウターケーブルがどこかでフレームから外れている、ディレーラーが変形している、などの症状がないのであれば、普通は上のようなことが原因と考えられます。
    やり直す場合は、ディレーラーが変形していないか、ディレーラー取り付プレート(ディレーラーハンガー)が曲がっていないか、アウターケーブルは所定の位置にすべてはまっているかを確認してください。それらに問題がなければ、ケーブルの張り調整にかかってください。

    シマノの6変速ということですと、レバーに各ギア位置ごとのクリックが設けられているインデックス(SIS)と、位置決めがないフリクションとがありました。
    以下、フリクションで説明をいたします。

    まずシフトレバーをトップギア位置にセットします。
    次にディレーラーのトップ位置をトップ側可動域ボルトで決定します。
    ケーブルを引っ張りながらディレーラーのケーブル固定ボルトに固定します。
    ここまではフリクションもインデックスも同じです。

    フリクションではこの後、クランクを回してレバーを引きながら、ローギアの手前まで変速させます。
    そこでいったん車輪を止めます。
    次にロー位置をロー側可動域ボルトで決定しますが、車輪を勢いよく回しながらローギアに入れると、ディレーラーが内側に入りすぎる状態だったり、ディレーラーやディレーラーハンガーが曲がっている状態ですと、回転している車輪のスポークにディレーラーが当たって、かたかた音がする程度でしたらすぐ止めればよいですが、内に入りすぎると、スポークがディレーラーを巨大パワーでぶっ飛ばすという悲惨な事態にもつながります。
    ですのでここは用心のためローギア手前でいったんブレーキをかけて車輪の回転を止めます。
    そうしたあとに、そろそろ車輪を回しながらローギアに入れます。
    ここでロー位置をロー側可動域ボルトで決定します。
    このあと、トップ、ローともちゃんと入るか確認して終了です。

    インデックスの場合は、間のギアにもちゃんと入るかどうかのチェックもします。
    トップギアから1クリックずつレバーを押していき、各ギアの入り具合を確認します。
    入りきらない場合はディレーラーのアジャスターをしめていきます。
    行き過ぎて次のギアに接触する場合は、アジャスターをゆるめていきます。
    アジャスターをゆるめたいのにめいっぱいでゆるめられない場合はケーブルの張り過ぎですので、少々ケーブルの張りをゆるめて(ケーブル固定ボルトをゆるめて止め直す)、やり直してください。
    ローギアからの下りもチェックしてください。

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)