HOME / 

DriveTrain(駆動系) / 

必見!!プーリーの交換方法!!

公開日 :

投稿者:mechanic

必見!!プーリーの交換方法!!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!梅雨明けもして本格的に暑くなりましたね🌞!!

これから沢山自転車に乗る前にプーリーを見直してみてはいかがでしょうか??

プーリーの交換時期について

プーリーもチェーンが通る所なのでチェーンと同じく摩耗します。

⇑上の画像のプーリーは約2万キロ走ったプーリーです。(;゚Д゚)

写真を見るとプーリーの歯がかなり鋭くなっているのがわかります。

これはチェーンとの摩耗により削れてしまったことをあらわしています。

プーリーは中のブッシュやベアリングも劣化していきます。

よってプーリーは1万キロに一回は交換したほうがいいと思います!

どのように交換するのか?

まず後輪を外す

 

後輪を外したら次にプーリーを外す工程に入ります。

⇓作業効率としてはこのような作業台があると便利です⇓

このように掛けてあげるとワークスペースが広くなり作業がとてもしやすくなります!

プーリーを外す

まずは上のガイドプーリーをはずしていきます。

外す時の工具はアーレンキーの3ミリを使います。

この時に下のテンションプーリーを下に押してあげるとガイドプーリーを外しやすくなります。

もちろん片方だけ外してプーリーを交換する事もできます!

ガイドプーリーが外れたらテンションプーリーも外していきます。

この時にチェーンのテンションを緩めてあげると簡単にはずれます。

テンションプーリーが外れると左側のケージも取れます。

プーリーの取り付け

取れたプーリーを見てみるとやじるしがついています。

これは回転方向をあらわしているので覚えときましょう!!

そしてテンションプーリーをチェーンを通しはめたらガイドプーリーもはめていきます!

ガイドプーリーをはめていく時にチェーンが絶対下に来るようにしましょう。

※この時にチェーンの張りでガイドプーリーが飛んでいってしまう事があるので注意しましょう!

そして正しくはめたらはまっていたボルトを通し回して固定します。

この時の注意点は締め付けを正しいトルク3ニュートンで締めます。

そして後輪をはめて完成です!!!

後輪をはめる時は最後にクイックレバーを小指で引っ張って外れないように締めて下さい!!

Pocket
LINEで送る

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)