HOME / 

Buying Guide(自転車) / 

Bianchi(ビアンキ)ロードバイクの選び方

公開日 :

投稿者:mechanic

Bianchi(ビアンキ)ロードバイクの選び方

Pocket
LINEで送る

ロードバイクはブランドも種類も様々あり、違う価格帯で同じモデルがあったりと、どれを選べばいいか非常に迷います。

ビアンキロードバイクはアルミフレームからカーボンフレーム、レース用ロングライド用など幅広いラインナップがあります。ビアンキのロードバイクを指標にすることで、ロードバイクのフレーム素材、コンポーネントの選び方そして、自分にぴったりのロードバイク選びの参考になると思います。

 

ロードバイクの魅力と楽しみ方

 

あくまで参考です。メーカーの考える適した用途がありますが、ロードバイクは使う人次第でどんな使い方、走り方もできるのが魅力のひとつ。

インテンソでレースに出れないわけではもなく、ヴィアニローネで200km走れないわけでもない。使い方も自由。走れるか走れないかも乗り手次第。だからお気に入りのデザインで選ぶのもあり。

フレーム素材を優先するのか、それともコンポーネントを優先するのか。フレーム素材を優先してカーボンフレームを選び、コンポーネントを抑えて初期費用を抑える。そして後々グレードアップする。

そしてパーツを交換することで違う乗り味を出すことも可能です。例えば、アルミフレームのヴィアニローネでもカーボンハンドルやタイヤを乗り心地のいい物に変えることで、ロングライドもより快適に走ることができるモデルになります。後々自分好みのモデルに変えていくことができるのもロードバイクの楽しみ方の一つですね。

 

カーボンフレームとアルミフレームの違い

カーボンフレームの特徴

  1. 軽量な分、フレームが薄く細くなっている箇所もあり、ぶつけないように扱いに少し気を遣う。
  2. ケーブルがフレーム内を通っているモデルが多いのでワイヤー交換が少し大変。
  3. フレームにより乗り味が大きく異なる。高剛性のモデルは固く、体に負担が大きく、快適性重視のフレームは柔らかく、振動吸収に優れ長距離乗っても疲れにくい。

アルミフレームの特徴

  1. 少しぶつけて即破断ということはない。扱いやすいと言える。
  2. ケーブルがフレームの外を通っているモデルが多いのでメンテナンスがやりやすい。
  3. 高剛性なので振動がダイレクトに伝わってきて、ダイナミックな走行感が味わえる。

 

Bianchi(ビアンキ)2018年モデル ロードバイク グレード比較表

Bianchi(ビアンキ)2018年モデル ロードバイク グレード比較表
Bianchi(ビアンキ)2018年モデル ロードバイク グレード比較表
Bianchi(ビアンキ)2018年モデル ロードバイク グレード比較表

Bianchi(ビアンキ)2018年モデル ロードバイク ラインナップ

2018年モデル SEMPRE PRO 105 (センプレプロ105)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO 105 (センプレプロ105)

 

2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA (センプレプロティアグラ)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA (センプレプロティアグラ)

 

2018年モデル SEMPRE PRO SORA (センプレプロソラ)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPRE PRO SORA (センプレプロソラ)

 

2018年モデル INTENSO 105 (インテンソ105)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル INTENSO 105 (インテンソ105)

 

2018年モデル INTENSO TIAGRA (インテンソティアグラ)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル INTENSO TIAGRA (インテンソティアグラ)

 

2018年モデル IMPULSO 105 (インプルーソ105)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル IMPULSO 105 (インプルーソ105)

 

2018年モデル IMPULSO TIAGRA (インプルーソティアグラ)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル IMPULSO TIAGRA (インプルーソティアグラ)

 

2018年モデル VIA NIRONE7 PRO TIAGRA (ヴィアニローネ7プロティアグラ)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル VIA NIRONE7 PRO TIAGRA (ヴィアニローネ7プロティアグラ)

 

2018年モデル VIA NIRONE7 PRO SORA (ヴィアニローネ7プロソラ)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル VIA NIRONE7 PRO SORA (ヴィアニローネ7プロソラ)

 

2018年モデル VIA NIRONE7 PRO CLARIS (ヴィアニローネ7プロクラリス)

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル VIA NIRONE7 PRO CLARIS (ヴィアニローネ7プロクラリス)

Pocket
LINEで送る

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)