HOME / 

Buying Guide(パーツ・ウェア) / 

自転車で通う金銭的メリット【自動車や電車での通勤・通学と比較して】

公開日 :

投稿者:mechanic

自転車で通う金銭的メリット【自動車や電車での通勤・通学と比較して】

Pocket
LINEで送る

自転車で通勤・通学することで、自動車や電車で通う場合と比較して金銭的にいくら浮かせることができるのか試算しました。

これから自転車通勤・通学を始めるために自転車の購入をお考えの方に、予算の目安にしていただければと思います。またスポーツバイクを購入するにあたり、ご家族の説得に是非使ってみてください。

社会状況や住んでいる地域により細かい金額は変わりますが、一定の目安にはなると思います。

前提条件

・月20日自転車で通勤・通学

・自転車はスポーツバイク

・自転車のメンテナンスはある程度自分でする

 

自転車の維持費

自転車年間維持費:34,350円

これは、パンク修理やメンテナンスを自分でするのか、または走行距離によっても部品交換の時期は変わってきます。走行距離は片道10kmを目安に試算しています。

パンク修理については私は学生の頃ママチャリを自分で頑張って修理していたので、ここは皆さんにも頑張っていただきたいということで、パンク修理以外の修理費等の維持費を年間10,000円で計算したいと思います。

備品についてはヘルメットやライト、レインウェア等を4年置きに買い替える場合、その資金を毎年積み替えるとした場合の金額です。

また自転車保険に入ることもおすすめします。

●年間維持費:10,000円(修理、部品交換等、メンテナンス費)

●自転車保険:4,000(e保険)

●備品購入代積み立て:4,750円

4年おきに買い替え
ヘルメット:8,000円
ライト:6,000円
レインウェア:5,000円
合計19,000円÷4年=4,750円(1年間で積み立てる金額)

●チューブとタイヤの年間購入費:15,600/年

月1回のパンク、年2本タイヤ交換(チューブ代9,600円 タイヤ代6,000円)
チューブ:1本800円×12
タイヤ:1本4,000円×3

 

自転車年間維持費:34,350円

※片道10kmの走行を目安にしています。この距離を通う場合、恐らく5年ほどでホイールの買い替えも必要になります。5年後に3万円のホイールを買う場合さらに年間6,000円の積み立てが必要です。

 

電車通いとの比較

電車で通う場合、ほとんどの方は定期券を購入すると思います。そのため定期券代と比較していくら浮かすことができるのか算出しました。

1か月分の定期券代は大体、片道分×30日×消費税で計算できます。3か月の場合は5%OFF、6か月の場合で10%OFF、1年で15%OFFで計算しています。

 

●定期代

ちなみに片道370円の定期代は私が片道10kmの自転車通勤を止めて、電車通勤にした場合に発生する定期代です。

 

電車通いから自転車に変更して浮く金額

●電車通いから自転車に変更して浮く金額(定期代-自転車維持費)

電車で片道370円かかっている方は、自転車の維持費34,350円を引いても87,927円浮かせることができます。

これは定価8万円の自転車を購入しても1年で元が取れてしまう計算になります。

 

自動車通いとの比較

ガソリン代試算

コンパクトカーの平均スペックをもとに算出しています。

通勤日:20日/月
排気量:1300cc
平均燃費:14km/L
ガソリン代:120円/L

自動車通いから自転車に変更して浮く金額

 

●自動車通いから自転車に変更して浮く金額

(往復ガソリン代+浮いた保険料5,000円+車維持費5,000円)-自転車の維持費34,350円

ガソリン代のほかに、自動車保険料も浮かすことができます。通勤に自動車を使わなくなり、年間走行距離が減ることで自動車保険も安くなります。

往復ガソリン代、安くなる保険料を5,000円と維持費を5,000円としてこれらも合わせ、そこから自転車の維持費34,350円を引いて計算すると、片道10kmの方は8万円の自転車を買っても2年には元が取れます。

片道5kmの方は5年に元が取れる計算になります。

片道1kmの方はマイナスになってしまいますが、自転車の維持費は10km通う方を目安に試算しているため、実際の維持費は半分ぐらいでいいと思います。大体プラスマイナスゼロになると思います。

 

まとめ

通勤・通学距離(片道)5km~10kmの場合

●自動車から自転車にすれば5年で8万円から29万円貯金できる。

●電車から自転車にすれば5年で10万から44万円貯金できる。

●8万円のモデルでも5年以内に元を取れる。

 

※あくまで試算です。

Pocket
LINEで送る

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)