HOME / 

Buying Guide(パーツ・ウェア) / 

【簡単・時短】でもっときれいに!ワコーズ・チェーンクリーナーを使ったロ…

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

【簡単・時短】でもっときれいに!ワコーズ・チェーンクリーナーを使ったロードバイクの駆動系メンテナンス【しっかりメンテ】

Pocket
LINEで送る

ロードバイクのチェーン等の駆動系は走行により、オイルやグリスに砂や汚れが付着して溜まります。この駆動系を定期的に掃除してきれいにすることで新車のような性能を維持・取り戻すことができます。

定期的に必要な掃除だから楽にできる方がいい!そこで定期的にやっても苦にならない、時短でしかももっときれいになるお掃除術をご紹介します!


駆動系の汚れ

リアディレイラー・フロントディレイラー・クランク周り・チェーンなどの駆動系は、自転車のパーツの中でも特に汚れが溜まりやすい箇所です。

駆動系に汚れがたまると、走りが重くなる、変速性能が悪くなる、パーツの消耗が激しくなる、不具合があっても発見しづらいなどの問題が発生します。

dsc_4246

リアディレイラー・フロントディレイラー・クランク周り・チェーンなど、自転車が進むために駆動しているパーツ(ドライブトレイン)は、ペダルから入力された力をクランクに伝え、そしてチェーン、変速機、ホイールと、パワーの伝達を行い、自転車を前に進ませます。

その駆動系が汚れていると、そのパーツ間にスムーズな走行を妨げる抵抗、パワーロスが生まれてしまいます。その結果いつもと同じスピードを出すのにより多くのパワーを必要とします。

駆動系を掃除することで、走りが軽くなり、変速も確実に行えるようになることが体感できます。しかし、これは性能が上がったのではなく、本来の性能を取り戻したということがポイントです。

新車の時の走行の軽さは、乗っているうちに感じなくなります。もちろん、性能に慣れてしまうのも原因のひとつですが、汚れがたまって本来パーツが持っている性能を発揮できなくなっていくというのが一番大きな原因です。

定期的に駆動系を掃除することで、音鳴り、不具合を未然に防ぐだけではなく、スポーツバイク本来の走りスピード感あふれる快適な走りを楽しむことができます。

クリーニング手順

駆動系をきれいにするには、きれいにしていく順番が大切です。最も汚れている部分をまず掃除しないと、きれいにした部分に再度汚れが付着してしまいます。

駆動系で最も汚れているのはオイルを塗っているチェーンです。その後、プーリー、クランク、スプロケットへと進めていきます。

今回は下記順番で行いました。

1、各部へチェーンクリーナーを吹き付ける
2、チェーンをブラッシング
3、リアメカ、クランク、Fメカをブラッシング
4、ホイールを外して、スプロケットブラッシング、拭き上げ
5、ホイールを装着して各パーツを拭き上げ

また、駆動系以外のフレーム、ホイール等のクリーニングも行う時は4と5の間にフレームとホイールの洗浄を行うといいでしょう。その際は下記記事も参考にしてみてください。

10分で誰でも簡単にできるロードバイク洗車・メンテナンスの方法

 

また日々のちょっとした時間に行うチェーンのお手入れは下記を参考にしてみてください。

チェーンのメンテナンス【簡易メンテ】

WAKO’S(ワコーズ)ケミカル チェーンクリーナー

dsc_4384

WAKO’S(ワコーズ) CHA-C チェーンクリーナー A179

今回駆動系の掃除をするために使用する道具は、WAKO’S(ワコーズ)ケミカルのチェーンクリーナーです。汚れた駆動系に吹きかけることで、頑固な汚れを浮かしキレイにします。いわゆるディグリーザーに分類される製品ですが、掃除をしやすくするための工夫が詰まっています。


◎ポイント◎

非乾燥タイプで使用量が少ない
すぐに揮発せず液体のままなので、最低限の使用量でくまなくキレイにできます。
専用のブラシが付属している
チェーンを掃除するのに最適な硬さの豚毛を使用したブラシが付属しています。
パーツへの攻撃性が低い
自転車に多く使われているゴムや樹脂にダメージを与えないので、色々な箇所へ安心して使えます。
防錆剤配合
水洗いするような状況でも、パーツが錆びることを防ぎます。
匂いがあまりしない
ほぼ匂いがないので屋内でも使えます(換気は行ってください)。

チェーンクリーナーの使用方法

チェーンクリーナーを使用しての掃除は、

①チェーンクリーナーで汚れを浮かせる(落ちやすくする)
②ブラッシングで汚れを落とす
③布や水でチェーンクリーナーを汚れと一緒に落とす
④オイルを各部にさす

という順番で行います


チェーン

リアホイールを回転させながら、チェーン全体にチェーンクリーナーを吹きかけていきます。樹脂パーツやフリーのグリスへの攻撃性も低いので、動画の様に吹き付けてもOKです。


チェーンを付属のブラシでブラッシングしていきます。
汚れをこすり落とすのではなく、チェーンクリーナーを浸透させ、中の土や泥を掻き出すようにブラッシングします。
指でなぞるだけでコマが動くようになれば、チェーンのブラッシングは完了です。

◎ポイント

フィニッシュラインから出ている下記のような3方向に毛が付いているブラシがあればより効率的にお掃除できます。FINISHLINE フィニッシュライン GrungeBrush (TOS02700) 

 

grungebrushcombo_img1 grungebrushcombo_img2


リアディレイラー

リアディレイラーにも吹きかけていきます。
リアディレイラーには汚れが溜まりやすく、変速性能に直結するのでしっかりと吹きかけます。
またガイドプーリー・テンションプーリーは自転車のパーツの中でもっとも多く回転している部分なので、泥がたまりやすい上に摩耗も激しい部分です。回転させながら指でつまむなどし、汚れを取り除きます。


リアディレイラーにもブラッシングを行います。
チェーンクリーナーが汚れを浮かすために、すみずみまで浸透させるように行います。毛先の長いブラシなどを別に用意しておくことで、さらに奥までチェーンクリーナーを浸透させることができ、ブラッシング作業の効率があがります。


フロントディレイラー

フロントディレイラーにもチェーンクリーナーを吹きかけていきます。
構造が複雑で汚れがたまりやすいので、しっかり吹きかけて汚れを浮かします。


フロントディレイラーも他のパーツと同様に、ブラッシングを行います。付属のブラシでは少し届きにくい箇所があるので、毛先がある程度硬く、細長いブラシがあるとスムーズに行えます。
バネの部分には小石や泥がたまりやすいので、注意してブラッシングします。


クランク

ギアの歯に汚れがたまるので、インナーリング・アウターリングともにチェーンクリーナーを吹きかけます。
チェーンリングの間や裏側などは汚れが溜まりやすい上に掃除がしづらい場所なので、注意して吹きかけていきます。


チェーンリングの隙間は汚れや泥が溜まりやすいので、
特に刃先の汚れにチェーンクリーナーを浸透させます。


スプロケット

スプロケットの掃除を行う際には、リアホイールを自転車から取り外して行うとスムーズに作業を行えます。
チェーンクリーナーが全体に行き渡るように吹きかけます。


スプロケットは、刃先やギアの間に汚れがつきやすいです。
ギアの刃先はもちろん、ギアとギアの間にもチェーンクリーナーを行き渡らせ、丁寧にブラッシングします。

次にスプロケットを拭き上げて行きます。スプロケットは、ギアとギアの間に布を当て、左右にスライドさせ拭きます。強くこすらなくても、汚れは簡単にとれるはずです。


パーツ拭き上げ

汚れをブラッシングし終わったら、浮いた汚れを布で拭き取っていきます。チェーンクリーナーが汚れを浮かしているので、布でふくだけで簡単にキレイになります。

◎ポイント

布で拭き上げるかわりに、水洗いできる環境であれば、中性洗剤(食器用洗剤等)とスポンジで泡立たせ、泡で汚れを洗い流してあげると、さらにキレイになります。泡でチェーンクリーナーと汚れをパーツから追い出したあとは、水でやさしく洗い流し、乾いたキレイな布でパーツを拭き上げます。

注油

仕上げに、パーツにオイルをさします。

チェーンにはチェーンオイルをさせばよいのですが、ディレイラーにも潤滑剤をさす必要があります。

チェーン

dsc_4377

WAKO’S(ワコーズ) CHL(チェーンルブ) A310


ディレイラー

dsc_4361

リアディレイラーとフロントディレイラーは、それぞれ8ヶ所の可動部があります。

この可動部にオイルをさします。余計なオイルは布で拭き取ります。ディレイラーを手で動かせば、可動部が分かりやすいです。オイルをさすことで、スムーズにパーツが動いてくれるので、まるで新品のようなキビキビとした動きを取り戻すことができます。


WAKO’S ワコーズ RP-C ラスペネ業務用

wakos-007523_2

今回使用したオイルは、同じくワコーズのラスペネです。ラスペネは色々な部分に使用できる潤滑剤ですが、水置換性があります。布で吹き上げられないような細かい部分の水分をオイルで追い出し、錆を防ぐことができます。また浸透性が高いので、少しの量を吹きかけるだけで奥まで行き渡ります。


フレーム、ブレーキ、ホイールの洗浄

dsc_4334 dsc_4351 dsc_4322 dsc_4329

今回は、チェーン、ディレイラー、スプロケットなど、駆動部分の掃除方法についてご紹介しました。ブレーキ、ホイール、パーツ、フレームやサドルに関しては、フォーミングマルチクリーナー A402を使用した記事をご覧ください。

10分で誰でも簡単にできるロードバイク洗車・メンテナンスの方法

dsc_4383

自転車の駆動部をキレイにしても、本来持っている以上の性能は得られません。しかし、パーツの本来持つ性能を取り戻すことができるので、新車に初めて乗ったときの感動を再び味わえるかもしれません。

 

Pocket
LINEで送る

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)