HOME / 

Checklist(点検箇所) / 

10分で誰でも簡単にできるロードバイク洗車・メンテナンスの方法

公開日 :

更新日 :

投稿者:mechanic

10分で誰でも簡単にできるロードバイク洗車・メンテナンスの方法

Pocket
LINEで送る

従来の自転車の洗車方法では、「やり方がわからない」「色々揃えるのが面倒」「水洗いできる環境がない」「そもそも洗うのがめんどくさい」という声も多く聞きました。

ここでは簡単に自転車をキレイにする方法について紹介していきます。

今回使用するケミカル・洗浄剤は、WAKO’S(ワコーズ)ケミカルより発売されている、自転車のすべての箇所を洗浄することできるフォーミングマルチクリーナーです。


ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどの自転車は、道を走っている以上、徐々に汚れていきます。自転車が汚れていると、

・見た目がよくない
・駆動ロスが増える
・パーツの寿命が短くなる
・整備不良や故障を発見しづらい

など、多くのデメリットがあります。ですので、自転車は定期的に洗車をする必要があります。

ロードバイクの洗車、掃除、メンテナンスにはやり方や、どこまで念入りに、またはどの程度の頻度でやるかなどにより様々な方法があります。ここでは【ワコーズ フォーミングマルチクリーナー】を使った水なしでできる方法をご紹介します。

全くやらないよりかは、少しでもやる方が断然いいので住環境や、自転車の使用頻度、メンテナンスにさける時間によって、ご自分に合ったメンテナンスの方法を試してみてください。

 

『フォーミングマルチクリーナー』とは?

dsc_4383

WAKO’S(ワコーズ) ケミカルより発売されている『フォーミングマルチクリーナー』は、

・水洗いできない環境でもOK
→水で洗い流さなくてもふき取るだけ

・使い方が簡単、特別な道具は必要なし
→パーツによって、ケミカルの使い分け無し!吹き付けて布で拭うだけ

・あらゆる箇所、パーツに使える
→タイヤ、ブレーキシュー、チェーン、ゴムや樹脂パーツも洗浄OK

というのがポイントです。

 

『フォーミングマルチクリーナー』の使い方

用意するものは、布と『フォーミングマルチクリーナー』だけです。屋外でやる必要もなく、水も必要ないので、部屋の中で作業できるのも強みです。床には段ボールやシートを引きましょう。

自転車のすべてのパーツに使用することができます。
従来の洗車用ケミカルは、部分によって使用するケミカルを変える必要がありましたが、その必要もありません。

dsc_4240

使い方は、『フォーミングマルチクリーナー』をキレイにしたい部分に吹きかけ、布で拭くだけです。

【リム・タイヤ】

dsc_4261

シリコンが入っていないノンシリコンタイプの為、タイヤやブレーキ、リムに使用しても滑ることがありません。

ホイールのリム面は、シューの削りかすや特に雨天走行時は油分により黒ずみが付着します。制動力も落ちてしまいます。またタイヤも油分が付着していると劣化が速まります。洗浄することで付着した油分を落としましょう。

 

dsc_4322

 

フォーミングマルチクリーナーを吹きかけ、布で拭くだけで…。

 

dsc_4327

 

リムに付着していた黒ずみ(油分やシューの削りかす)が取れました。黒ずんでいたデカールもきれいに、新品のようになりました。

【ブレーキ】

雨天走行後はブレーキシューに油分が付着しやすいです。シューに油分が付着することで、制動力が落ちてしまいます。そしてタイヤと同様にゴムのため油分による劣化も起こります。また砂や小石がシュー付着しているとブレーキをかけた時に砂がリムを削るため、リムの消耗が速まります。

前述のようにシリコンが入っていないため、ブレーキシューにかけても問題ありません。しっかり洗浄しましょう。

dsc_4334 dsc_4344

 

【ハブ】

dsc_4329

掃除しづらいハブ周りも…。

dsc_4331

拭くだけでOKです。

【ブラケット・バーテープ】

dsc_4351

ブラケットやバーテープは汗や油分で汚れています。ブラケットやバーテープに使っても、粘ついたりといったこともありません。

【その他パーツ】

dsc_4354 dsc_4345

サドル、ペダルも洗浄できます。余裕があればサドルやペダルも定期的な洗浄をお勧めします。

【フレーム】

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1-2016-11-23-23-17

dsc_4337

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1-2016-11-23-23-16

dsc_4243

泡で汚れを浮き上がらせるので、多少の砂は問題ありません。あまりに大量に泥や砂が付いた場合は、あらかじめ取り除けるだけ取り除きましょう。

dsc_4346

サッとひと拭きでOK。

dsc_4259

ボトムブラケット周りは非常に汚れが溜まりやすいポイントですが…。

dsc_4348

ピカピカになりました。

dsc_4357

白い部分は汚れが目立ちます。汚れ戻りもないのできれいにふき取ることができます。

dsc_4359

 

最後に

『フォーミングマルチクリーナー』は攻撃性が低いので、ゴム・樹脂どこにでも使えます。アルマイトが剥げることもありません。

フォーミングマルチクリーナーはどこにでも使える便利さを持っています。しかし、どこにでも使えてしまえる分、チェーンやスプロケット、ディレイラー周りなど、オイルなどの頑固な汚れが落ちづらいという面もあります。そういう場合は、同じくWAKO’S(ワコーズ)ケミカルから発売されている、チェーンクリーナーがオススメです。

試しにグリスがこびりついたチェーンにフォーミングマルチクリーナーを使用してみました。

【BEFORE】

dsc_4381 dsc_4380

 

【after】

dsc_4382

かなりきれいになりましたが、やはりグリスの重ね塗り等でしつこくこびり付いた汚れは落ちません。しつこい汚れはチェーンクリーナーを併用しましょう。

WAKO’S(ワコーズ)ケミカル チェーンクリーナー

dsc_4384

チェーンクリーナーはチェーンだけではなくディレイラー等にも使うことができます。


購入はこちらから

フォーミングマルチクリーナー

WAKO’S(ワコーズ)ケミカル チェーンクリーナー


その他のケミカルについては下記記事もご参考にしてください。

自転車整備用ケミカル

Pocket
LINEで送る

mechanic

投稿者情報:mechanic

京都のサイクルショップ自転車のQBEI(きゅうべえ)が自転車メンテナンス全般に関して綴ったブログ。ネジの締め方からカーボンバイクの扱い、電動DURA-ACEまで、バイシクルメンテナンス・自転車の扱い方を幅広く掲載。

質問・コメント一覧

コメントはまだありません。質問大募集中です!

質問・コメントは下記フォームよりお送り頂けます。

 (公開されません)